文字の大きさ

ホームくらし・手続き人権・男女共同参画・平和「男女共同参画」 > 「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」をご存じですか?
ホームくらし・手続き人権・男女共同参画・平和「男女共同参画」 > 「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」をご存じですか?
ホームくらし・手続き人権・男女共同参画・平和「妊娠・出産」 > 「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」をご存じですか?

人権・男女共同参画・平和

男女共同参画

更新日:2022年5月26日

「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」をご存じですか?

リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)とは

「私のからだは私のもの」「産む・産まないは女性の自己決定」

 「リプロダクティブ・ヘルス /ライツ」は、「性と生殖に関する健康と権利」と訳され、1994(平成6)年にエジプト・カイロで開催された国際人口開発会議において提唱された概念です。女性のライフサイクルを通して、 性と生殖に関する健康・生命の安全を権利としてとらえるもので、今日、女性の人権の重要な概念の一つとして認識されています。

「リプロダクティブ・ヘルス」とは、性や子どもを産むことに関わる全てにおいて、身体的にも精神的にも社会的にも本人の意思が尊重され、自分らしく生きられることです。

「リプロダクティブ・ライツ」とは、自分の身体に関することを自分自身で選択し、決められる権利のことです。

「私のからだは私のもの」「産む・産まないは女性の自己決定」という言葉は、当事者である女性自らが自己決定することを表しています。この権利の獲得は、全ての人がジェンダー(注1)に基づく暴力などによって傷つけられず、身体・性について正しい認識を持ち、健康を確保して豊かな生涯を送ることができる社会を育むためのものです。

リプロダクティブ・ヘルス/ライツは、性の問題、思春期の問題、妊娠、出産、中絶、避妊、不妊、性感染症、更年期障がい、また、性暴力や買売春など、さまざまな問題を幅広く含んでいます。すべての人が正しく性の知識を得ることが大切です。

「自分のからだは自分で守る」ことから実践し、大切な家族やパ―トナーにもその大切さを伝えていきましょう。

リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する国の施策については、内閣府男女共同参画局HP(外部サイト)から確認できます。

 

(注1)ジェンダー:生物学的な性別に対して、社会的・文化的に作られる性別のことです。男らしさ、女らしさといった言葉で表現されるもので、生物学上の雌雄を示すセックスと区別されます。それ自体に、良い、悪いの価値を含むものではありません。

 

日向市の取り組み

第6次日向市男女共同参画プランでは、主要課題10「生涯を通じた心身の健康保持の支援」において、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ概念の浸透や生涯を通じた女性の健康の保持増進を図ることとしています。

第6次日向市男女共同参画プランはこちら(第6次日向市男女共同参画プラン) (PDF/2.88メガバイト)

担当課 総合政策部 総合政策課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 (統計係:内線6211)
0982-66-1001(政策推進係・広域連携推進係)
0982-66-1006(男女共同参画推進室)
FAX 0982-54-8747
メール sougou@hyugacity.jp