日向市文化財

県指定文化財

史跡 僧日要の墓

所在地 / 日向市大字細島371番地
指定年月日 / 昭和14年1月27日

 日要は、永享8年(1436)に細島で生まれた。
 幼名を、円丸と称し、当時、妙国寺の脇坊にあった蓮光院日恵に従って法華経を学び、後に安房国の日蓮宗本山妙本寺で修行をつんで、延徳元年(1489)に妙本寺の第11代座主となった。
 尊皇派の僧侶としても知られ、各地で「立正安国」の教義をひろめて、明応8年(1499)には、後土御門天皇から論旨を賜っている。
 日向に帰国してからは、細島の本要寺に入って、近郷住民の教化に努めた。
 現存する日要の墓は、本要寺跡に建っており、自然石を利用して、正面に「南無妙法蓮華経」と刻んでいる。

インデックスへ戻る