日向市文化財

市指定文化財

天然記念物 冠岳の山桜群

所在地 / 日向市東郷町山陰丙・丁
指定年月日 / 昭和60年3月30日

 山桜はバラ科サクラ属で落葉高木。山地に広く自生する日本の代表的な桜で、旧東郷町の「町の花」でもあった。ソメイヨシノなどは花が咲いた後から葉が芽吹くが、山桜はソメイヨシノより花の色が白く、葉と花がほとんど同時に芽吹く特徴がある。かつて(戦前)は散り際の潔さから愛国心の象徴とされた花であるが、歌人若山牧水もこよなく愛しており、短歌にも題材としてよく詠んでいる。
 冠岳北壁の自然林およそ50ヘクタールに約1000本の山桜が自生しており、早春にかけて山全体が一斉に花が吹く様は大変あざやかである。

インデックスへ戻る