日向市文化財

市指定文化財

有形文化財(彫刻) 木喰行道作『阿弥陀如来像』一体

所在地 / 日向市大字平岩760番地
指定年月日 / 昭和60年5月31日

 本阿弥陀如来像は、総高40.5センチメートルの小像である。
 背銘をもたないことから、製作年代を明らかにすることはできないが、顔部の鼻や頬、閉眼、頚部の肉付きなどに、木喰彫刻の特徴がよく表れており、木喰彫刻の編年から見れば、中期様式に属し、寛政9年(1797)頃の作品と考えられる。
 小ぶりながらも、全体的に重量感のある作品で、台座の蓮弁にも比較的丁寧な仕上げを施しているが、背面は粗削りのままに終っている。

インデックスへ戻る