日向市文化財

市指定文化財

有形文化財(古文書) 種痘人名録

所在地 / 日向市東郷町坪谷 若山牧水記念文学館
指定年月日 / 昭和60年3月30日

 牧水の祖父健海(けんかい)は埼玉県所沢出身で、江戸の薬屋で奉公の後、長崎に渡り医学を緒方洪庵や楢林宗健のもとで学んだ。その後、江戸で知り合った友人の故郷、宮崎県で医者としての仕事を始める。そのころ天然痘の治療として発明された種痘術が日本に伝わり、健海は再び長崎に出向きこれを修得。後に宮崎に戻った健海は、嘉永2年(1849)3月6日に息子立蔵(りゅうぞう)を筆頭に種痘術を施した。このときの記録が「種痘人名録」である。

インデックスへ戻る