日向市文化財

県指定文化財

史跡 東郷町古墳(1〜3号墳)

所在地 / 日向市東郷町山陰乙・丙・辛
指定年月日 / 昭和10年7月2日

 東郷町古墳は、円墳3基からなり、1・2号墳は耳川の段丘上に、3号墳は尾根の先端部分に所在している。いずれも時代決定できる遺物は採集されておらず明確な時代確定はできないが、県内の一般的な状況から見て古墳時代後期に築造されたものと思われる。
 山陰神社境内に所在する1号墳は山陰古墳と呼ばれ、高さ約4m、直径約13m、周溝がめぐる姿は最も状態が良く残っている。また、耳川の合戦における大友軍戦死者の塚(千人塚)との言い伝えも残っている。

インデックスへ戻る