文字の大きさ

ホーム子育て・教育子育て・教育「子育て支援」 > 平成31年度認可保育所(園)・幼稚園・認定こども園の入所手続き

子育て・教育

子育て支援

更新日:2018年11月19日

平成31年度認可保育所(園)・幼稚園・認定こども園の入所手続き

 

教育・保育の認定について

 保育所や幼稚園などの施設を利用するためには、年齢と目的に応じた認定が必要となります。認定の区分によって利用できる時間がそれぞれ異なります。保護者のみなさんは、働き方や子育ての状況にあわせて施設を選択することができます。

  対象児童 利用できる施設 利用時間

 

1号認定

満3歳以上で教育を希望する子ども

 

幼稚園、認定こども園

 

教育標準時間(4時間)

 

 2号認定

満3歳以上で保育を希望する子ども

 

 

認定こども園、保育所

 

 

保育標準時間(最長11時間)/保育短時間(最長8時間)

 

 3号認定

3歳未満で保育を希望する子ども

 

ページ先頭へ 

保育を必要とする事由(2号・3号認定)

 認可保育所(園)や認定こども園の保育部分に入所するためには、2号または3号認定が必要となります。日向市内に居住し、保護者が次のような事由のため、家庭で児童を保育できない場合、2号・3号の認定を申請することができます。

  1. 仕事をするため。(フルタイムのほか、パートタイム、夜間、居宅内など基本的にすべての就労を含む。ただし、月就労時間が60時間以上のものに限る)

  2. 出産前後のため。(出産前2か月、出産後2か月。ただし、多胎の場合は出産前3か月、出産後2か月)

  3. 疾病、障害によって児童の保育が困難なため。

  4. 同居親族の介護・看護をするため。

  5. 就学のため。(職業訓練校等における職業訓練を含む)

  6. 求職活動をするため。(起業準備を含む)

  7. 地震や風水害、火災などの災害復旧にあたるため。

  8. 虐待やDVのおそれがあるため
  9. その他、以上の項目に類する状態にあると市が認める場合。

 ※当該児童を保育できる同居親族がいる場合、利用の優先度が調整される場合があります。 

 

 ページ先頭へ

保育の必要量について(2号・3号)

 入所理由や就労時間によって、保育所や認定こども園を利用できる時間は、以下の2つに区分されます。

【標準時間保育(最長利用時間:11時間)】

 …就労(月就労時間120時間以上)、出産、就学  など

【短時間保育(最長利用時間:8時間)】

 …就労(月就労時間60時間以上 120時間未満)、求職  など

 ページ先頭へ

認定年齢

【1号認定】

 …児童が満3歳に到達する日以降から就学前まで

【2号・3号認定】

 …原則、生後3か月以上から就学前まで
 ※ 園によっては入所できる年齢が異なる場合もあります。詳しくは園へ問い合わせてください。

 ページ先頭へ
 

入所の申し込みについて

 入所の受付場所や受付期間は、園によって異なります。下記を参考に申し込んでください。

【受付場所】

 ●認可保育所(園)… 市役所こども課(市役所1階14番窓口)

 ※郵送による受付は行っていません。受付の際には、家庭状況について聞き取り調査を行います。

 ●認定こども園、幼稚園… 第1希望の認定こども園、幼稚園

【受付期間】

受付期間 

保育所(園) 認定こども園(1) 認定こども園(2)、幼稚園 公立幼稚園
平成31年4月入所受付 平成30年12月3日(月曜日)~               平成30年12月28日(金曜日)  平成30年11月1日(木曜日)~        平成30年11月30日(金曜日) 平成31年1月4日(金曜日)~         平成31年1月31日(木曜日)
随時入所受付(5月以降) 入所を希望する月の前月15日まで

 随時

認定こども園(1)・・・伊勢ケ浜保育園、日向なないろ保育園、やまげほいくえん、日向保育園

認定こども園(2)・・・富高幼稚園、日向こども園、大王谷幼稚園、日向南こども園、日知屋東幼稚園、日向カトリック幼稚園

幼稚園・・・日知屋幼稚園

公立幼稚園・・・寺迫幼稚園

 

※保育所(園)の場合、入所は月の初日からとなっていますので、月の途中からの入所はできません。

 ページ先頭へ

 

認定申請(入所申込)に必要な書類

【1号・2号・3号認定】

1.支給認定申請書

 児童一人につき1枚ずつ必要です。

2.平成30年度市町村民税の所得課税証明書(※平成31年9月以降は平成31年度のもの)

 平成30年1月1日時点で市外に居住していた方のみ必要です。平成31年9月以降に入所する場合は、平成31年1月1日時点で市外に居住していた方が対象となります。

3.その他、こども課が必要と認め指示する書類

 入所児童または同居親族が身障者手帳、療育手帳、特別児童扶養手当証書、障害年金証書等の交付を受けている場合には、手帳、証書の写しを提出してください。

【1号認定】

 認定こども園または幼稚園の場合、利用申込書が別途必要になります。第1希望の園へ問い合わせてください。

【2号・3号認定】

1.保育を必要とする事由の証明書

 下記のうち、児童の保護者が該当するものを提出してください。

理由 提出書類 備考
就労

就労証明書(様式有)

会社勤務の方…事業主または発注先の証明が必要
自営業の方…居住地区の民生児童委員の確認が必要
出産 母子健康手帳の写し 保護者名及び分娩予定日が記載されたページ 
疾病等 診断書(様式有)  医療機関が証明
介護・看護 診断書(様式有) 医療機関が証明
就学 在学(在籍)証明書 通学先の証明が必要
求職 申立書(様式有) 本人が求職活動について記入

※上記以外の理由で入所希望される方は、こども課窓口にてご相談ください

2.保育料口座振替依頼書(※認可保育所に入園する場合のみ)

 認可保育所(園)の場合、保育料の納入は口座振替のみとなっております。市内に支店のある銀行等であれば利用可能です。なお、用紙は2枚複写となっているため、2枚目にも必ず押印(金融機関届け出印)してください。

 ゆうちょ銀行口座での振替を希望する方は、直接ゆうちょ銀行(郵便局)窓口で手続きをしてください。

 

※ 入所申込書、就労証明書、診断書等の様式がある書類は、こども課または認定こども園にて配布します。

ページ先頭へ

 

利用者負担額(保育料)について

●保育料は、保護者の住民税に応じて決まります。4~8月までは前年度の住民税によりますが、9月以降は現年度の住民税を反映しますので、切り替えの際保育料が変更となる場合があります。

●祖父母等と児童が同居であって、家計の主宰者と判断される場合には、祖父母等の税額を保育料の算定対象とすることがあります。

●保育料の決定に必要な書類(所得課税証明書等)の提出が遅れ、税額の確認ができない場合は、保育料基準表の最高区分にて保育料を決定することがあります。

●保育料は4月1日時点での満年齢により決定しますので、年度途中で3歳または4歳に達した場合でも、年齢区分の変更はありません。

●具体的な基準については、保育料基準額表 (PDF/141.25キロバイト)を参照してください。

ページ先頭へ

 

担当課 健康福祉部 こども課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1021(直通)
FAX 0982-54-4350
メール kodomo@hyugacity.jp