○日向市立東郷病院の在り方庁内検討委員会設置規程

令和元年5月28日

訓令第16号

(設置)

第1条 日向市立東郷病院(以下「東郷病院」という。)が果たすべき役割と機能を踏まえ、今後の在り方を総合的かつ経営的な視点を持って検討するため、日向市立東郷病院の在り方庁内検討委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 委員会は、次に掲げる事項について検討し、市長に報告する。

(1) 地域医療構想及び日向市立東郷病院新改革プランを踏まえた医療ビジョン(他の医療機関との機能分担・連携及び東郷病院の構成・規模)の明確化に関すること。

(2) 東郷病院を核とした東郷地域における地域包括ケアにかかわる施策に関すること。

(3) その他東郷病院の機能検討に当たり必要な事項に関すること。

(構成)

第3条 委員会は、次に掲げる委員をもって構成する。

(1) 地域共生・地域医療推進担当理事

(2) 健康福祉部長

(3) 総合政策課長

(4) 東郷地域振興課長

(5) 財政課長

(6) 職員課長

(7) 国民健康保険課長

(8) いきいき健康課長

(9) 消防本部 警防課長

(10) 東郷病院事務局長

(11) 高齢者あんしん課長

(12) 医療介護連携推進室長

2 委員会に会長及び副会長を置く。

3 会長には地域共生・地域医療推進担当理事を、副会長には健康福祉部長をもって充てる。

(会議)

第4条 委員会の会議は、会長が必要に応じて招集する。

2 会長は、必要に応じて会議に委員以外の者の出席を求め、説明又は意見を聴くことができる。

(顧問)

第5条 委員会に専門的な立場から適切な指導、助言及び提言を行う顧問を置き、日向市立東郷病院院長をもって充てる。

2 前項に規定する者のほか、会長は、必要があると認めるときは、知識・経験を有する顧問を置くことができる。

(作業部会)

第6条 委員会は、所掌事務を進めるため、作業部会を設置することができる。

2 作業部会は、会長が指名する職員をもって構成する。

3 作業部会は、委員会から付議された事項について調査検討し、その結果を委員会に報告する。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、高齢者あんしん課医療介護連携推進室において処理する。

(委任)

第8条 この訓令に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、会長が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

日向市立東郷病院の在り方庁内検討委員会設置規程

令和元年5月28日 訓令第16号

(令和元年5月28日施行)

体系情報
第8類 生/第3章 国民健康保険
沿革情報
令和元年5月28日 訓令第16号