○日向市SL保存事業補助金交付要綱

平成30年9月25日

告示第181号

(趣旨)

第1条 この告示は、日向市本町児童遊園内に設置している蒸気機関車(以下「SL」という)に関する保存活動に係る事業(以下「補助事業」という。)に対し、日向市SL保存事業補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し、補助金等の交付に関する規則(昭和46年日向市規則第8号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象者)

第2条 補助金の交付対象となる者は、補助事業を行う「日向市SL保存市民の会」(以下「補助対象団体」という。)とする。

(補助対象経費)

第3条 補助金の交付対象となる経費は、補助事業に係る経費であって、当該SLの適切な保全と維持に係る経費の一部とする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、予算の範囲内で市長が定める額とする。

(補助金の申請)

第5条 補助対象団体は、規則第3条に規定する補助金等交付申請書に次に掲げる書類を添えて、市長に申請しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) その他市長が必要と認める書類

(補助金の交付の決定)

第6条 市長は、前条の補助金の交付の申請があつた場合において、当該申請に係る書類等の審査により、補助金を交付すべきものと認めたときは、速やかにその決定の内容及びこれに付した条件を補助対象団体に通知するものとする。

(実績報告)

第7条 補助対象団体は、補助事業が完了した時は速やかに規則第13条に規定する補助事業実績報告書に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 事業実績書

(2) 収支決算書

(3) その他市長が必要と認める書類

(補助金の額の確定等)

第8条 市長は、前条の規定による報告を受けた場合において、実績報告書等の書類の審査等により、補助金の交付の決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認めたときは、交付すべき補助金の額を確定し、補助対象団体に通知するものとする。

(補助金の交付方法)

第9条 補助金は、必要があると認めるときは概算払又は部分払により交付する。

(補助金の返還)

第10条 補助対象団体は、補助金の概算払又は部分払をした補助金の額が確定した場合において、補助金の確定額が概算払額又は部分払額より少ないときは、その差額を返還しなければならない。

(書類の保管等)

第11条 補助対象団体は、補助金の収支を明らかにした書類及び証拠書類を整備し、補助事業の完了した年度の翌年度から起算して5年間保存しなければならない。

(委任)

第12条 この告示に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この告示は、公表の日から施行する。

2 この告示は、平成33年3月31日限り、その効力を失う。

日向市SL保存事業補助金交付要綱

平成30年9月25日 告示第181号

(平成30年9月25日施行)