○日向市新しい地域コミュニティ組織モデル事業導入検討プロジェクトチーム設置規程

平成20年7月22日

訓令(甲)第19号

(趣旨)

第1条 本市の地域コミュニティの活性化を目的とした旧日向市地域への新しい地域コミュニティ組織モデル事業(以下「事業」という。)の導入について全庁的な調査及び検討を行うため、日向市プロジェクトチームの設置に関する規程(昭和49年日向市訓令(甲)第1号)に基づき設置する日向市新しい地域コミュニティ組織モデル事業導入検討プロジェクトチーム(以下「プロジェクトチーム」という。)の組織及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条 プロジェクトチームは、次の事項を協議するものとする。

(1) 事業の形態及び導入方法に関する事項

(2) その他プロジェクトチームが必要と認める事項

(組織)

第3条 プロジェクトチームは、次に掲げる職にある者をもって組織する。

(1) 危機管理に関する事務を担当する係の係長

(2) 市の財政に関する事務を担当する係の係長

(3) 市の事業の企画調整に関する事務を担当する係の係長

(4) 市民協働の推進に関する事務を担当する係の係長

(5) 公民館の管理運営に関する事務を担当する係の係長

(6) 福祉政策に関する事務を担当する係の係長

(7) 商工業の振興に関する事務を担当する係の係長

(8) 市道の維持管理に関する事務を担当する係の係長

(9) 東郷総合支所の管理運営に関する事務を担当するグループのグル―プ長

2 市長が必要であると認めるときは、前項に掲げる者以外をプロジェクトチームの構成員に加えることができる。

(リーダー)

第4条 プロジェクトチームにリーダーを置き、リーダーに市民協働の推進に関する事務を担当する係の係長を充てる。

(会議)

第5条 プロジェクトチームの会議は、リーダーが招集し、リーダーが議長となる。

2 リーダーは、必要に応じてプロジェクトチームの会議に構成員以外の者を出席させることができる。

(設置期間)

第6条 プロジェクトチームの設置期間は、事業の導入についての調査及び検討が終了するまでとする。

(庶務)

第7条 プロジェクトチームの庶務は、市民協働の推進に関する事務を担当する課において処理する。

(報告)

第8条 リーダーは、所掌事務の進捗状況を必要に応じて市長に報告し、及び市長の指示を受けて業務の推進を図るものとする。

(委任)

第9条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成24年2月17日訓令第2号)

この訓令は、平成24年2月25日から施行する。

日向市新しい地域コミュニティ組織モデル事業導入検討プロジェクトチーム設置規程

平成20年7月22日 訓令甲第19号

(平成24年2月25日施行)

体系情報
第3類 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
平成20年7月22日 訓令甲第19号
平成24年2月17日 訓令第2号