○日向市立東郷病院訪問看護事業運営規程

平成23年4月1日

訓令(甲)第7号

(趣旨)

第1条 この訓令は、在宅でねたきりの状態にある者又はこれに準ずる状態にある者に対し、在宅における療養生活及び心身の維持回復を支援するため、日向市立東郷病院が行う指定訪問看護事業(以下「事業」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(運営方針)

第2条 事業の実施に当たっては、地域との結び付きを重視し、事業の利用者(以下「利用者」という。)の在宅における療養生活の質の確保を図るため、保健又は福祉サービスとの連携に努めるものとする。

(実施時間及び休業日)

第3条 事業の実施時間は、午前8時15分から午後5時までとする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、これを変更することができる。

2 事業の休業日は、次に掲げるとおりとする。ただし、市長は、特に必要があると認めるときは、休業日を変更し、又は臨時に休業日を定めることができる。

(1) 土曜日及び日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日まで

(職員の職種、数及び職務内容)

第4条 事業所に、次の職員を置く。

(1) 管理者 1人

(2) 看護師等 2人

2 管理者は、医師業務の実施状況を把握し、事業を統括するとともに、職員を指揮及び監督する。

3 看護師等は、事業の利用申込みに係る調整、訪問看護計画書及び訪問看護報告書の作成並びに事業に係るサービスの提供を行う。

(実施対象地域)

第5条 事業の実施対象地域は、日向市内とする。

(事業の内容)

第6条 事業の内容は、次のとおりとする。

(1) 清拭、洗髪、食事、排泄その他の利用者の療養上の世話及びターミナルケア

(2) 褥瘡じょくそうの予防処置、カテーテル管理等の医療処置その他の診療の補助

(3) リハビリテーション

(4) 利用者の家族に対する指導相談等の支援

(5) その他医師の指示に基づく必要な処置

(緊急時の対応)

第7条 業務に従事する職員は、訪問看護中に当該利用者の病状に急変その他の緊急の事態が生じた場合は直ちに主治医に連絡し、主治医の指示に基づき必要な処置を講じるとともに、管理者に報告しなければならない。

(秘密の保持)

第8条 職員は正当な理由なく、その業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らしてはならない。

(利用料等)

第9条 市長は、厚生労働大臣が定める指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準に基づき定めた指定訪問看護の提供に係る利用料を利用者から徴収するものとする。

2 第5条の実施対象地域を越えて行う事業に要した交通費は、その実費を徴収する。

3 前項の交通費の支払いを受ける場合は、利用者又はその家族に対し、事前に文書で説明を行うものとする。

(その他)

第10条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

日向市立東郷病院訪問看護事業運営規程

平成23年4月1日 訓令甲第7号

(平成23年4月1日施行)