○日向市畜産経営体等生活支援資金融通事業利子補給等補助金交付要綱

平成22年7月20日

告示第109号

(趣旨)

第1条 この告示は、口蹄疫の発生に伴い経済的影響を受けた畜産経営体等の当面の生活を支援するため、予算で定めるところにより、畜産経営体等生活支援資金融通事業利子補給等補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し、畜産経営体等生活支援資金融通事業利子補給金等交付要綱(平成22年5月12日宮崎県農政水産部畜産課定め)及び補助金等の交付に関する規則(昭和46年日向市規則第8号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(交付対象者)

第2条 補助金の交付対象となる者は、畜産経営体等生活支援資金融通事業実施要綱(平成22年5月12日宮崎県農政水産部畜産課定め。以下「実施要綱」という。)第2に規定する生活支援資金(以下「本資金」という。)を融資し、又は本資金の融資に伴い損失を被った金融機関とする。

(補助対象経費等)

第3条 補助金の交付対象となる経費は、本資金の融資に係る利子補給に要するもの又は本資金の融資に伴う損失額とする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、実施要綱第4の1利子補給事業とする額に規定する額及び第4の2損失補償事業の対象とする額に規定する額とする。この場合において、1円未満の端数が生じた場合はこれを切り捨てるものとする。

(交付申請)

第5条 補助金の交付を申請しようとする者は、計算期間の末日が属する年度の3月末日までに、規則第3条の規定による補助金等交付申請書に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 事業実績書

(2) 収支精算書

(3) 利子補給金等算出基礎表

(補助金の交付方法)

第6条 この補助金は、精算払により交付する。

(実績報告)

第7条 規則第13条第1項の規定による実績報告は、第5条の規定による補助金交付申請をもって行うものとする。

(委任)

第8条 この告示に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

日向市畜産経営体等生活支援資金融通事業利子補給等補助金交付要綱

平成22年7月20日 告示第109号

(平成22年7月20日施行)