○日向市新サンシャイン21農業推進資金利子補給補助金交付要綱

平成22年1月6日

告示第11号

(趣旨)

第1条 この告示は、農業者の経営の維持安定を図るため、新サンシャイン21農業推進資金利子補給補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し、補助金等の交付に関する規則(昭和46年日向市規則第8号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象資金及び補助対象者)

第2条 補助金の交付対象となる資金は、農業近代化資金融通措置要綱(平成14年7月1日付け14経営第1747号農林水産事務次官依命通知)第2に規定する資金(以下「近代化資金」という。)及び農業経営基盤強化資金実施要綱(平成6年6月29日付け6農経A第665号農林水産事務次官依命通知)第3に規定する資金(以下「スーパーL資金」という。)であって、新サンシャイン21農業推進資金制度運営要領(平成18年4月3日宮崎県農政水産部営農支援課定め)別表に掲げる資金に該当するものとする。

2 補助金の交付対象となる者は、前項に規定する資金を借り受けた農業者又は当該農業者へ融資した金融機関とする。

(補助対象経費)

第3条 近代化資金に係る補助対象経費は、宮崎県農業近代化資金利子補給金交付要綱(昭和40年4月1日宮崎県農政水産部営農支援課定め)第2条の2に定める利子補給率による利子補給に要する経費とし、補助期間は、宮崎県農業近代化資金制度運営要領(昭和40年4月1日宮崎県農政水産部営農支援課定め)別表に定める償還期限に基づき同要領第5第2の規定により利子補給承認を受けた期間とする。

2 スーパーL資金に係る補助対象経費は、宮崎県農業経営基盤強化資金利子助成補助金交付要綱(平成6年12月19日宮崎県農政水産部営農支援課定め)別表に定める利子補給率による利子補給に要する経費とし、補助期間は、貸付開始から10年間とする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、毎年それぞれの期間(以下「計算期間」という。)における融資平均残高(計算期間中の毎日の最高残高(延滞額を除く。)の総和をその期間の日数で除して得た金額とする。)前条に規定する利子補給率を乗じて得た借入者ごとの利子補給金額の総和の金額とする。

(交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者は、規則第3条に規定する補助金交付申請書に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 利子助成金算出基礎表

(2) 収支精算書

(補助金の交付方法)

第6条 この補助金は、精算払により交付する。

(実績報告)

第7条 規則第13条第1項の規定による補助事業実績報告については、第5条の規定による補助金交付申請の際に添付する利子助成補助金算出基礎表をもって行うものとする。

(委任)

第8条 この告示に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

日向市新サンシャイン21農業推進資金利子補給補助金交付要綱

平成22年1月6日 告示第11号

(平成22年1月6日施行)