○日向市罹災証明取扱規程

平成17年9月20日

訓令(甲)第5号

(趣旨)

第1条 この訓令は、風水害等の災害(火災を除く。)によって生じた損害等の証明(以下「証明」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(証明区分)

第2条 証明は、罹災証明及び罹災届出証明とし、次の区分により取り扱うものとする。

(1) 罹災証明 罹災物件が確実な証拠によって立証できる場合又は調査職員の現場確認等により行うもの

(2) 罹災届出証明 罹災物件が確実な証拠によって個々に立証できない場合に行うもの

(証明責任者)

第3条 前条の規定による証明は、市長が行うものとする。

(証明の申請)

第4条 証明の申請は、罹災証明にあっては罹災証明願(様式第1号)により、罹災届出証明にあっては罹災届出証明願(様式第2号)によるものとする。

2 前項の罹災証明願又は罹災届出証明願(以下「罹災証明願等」という。)を受理したときは、その内容が第2条各号に適合しているときは市長の決裁を受けた後、当該証明を申請者に交付するとともに写しを保管しなければならない。

(様式の特例)

第5条 罹災証明願等の様式がその提出先において特に定めたものがある場合は、これを前条第1項の規定に定める罹災証明願等とみなして処理することができる。

(補則)

第6条 この訓令に定めるもののほか、証明について必要な事項は市長が別に定める。

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

画像

画像

日向市罹災証明取扱規程

平成17年9月20日 訓令甲第5号

(平成17年9月20日施行)

体系情報
第3類 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
平成17年9月20日 訓令甲第5号