○日向市保留牛奨励事業補助金交付要綱

平成16年3月23日

告示第27号

(趣旨)

第1条 この告示は、日向市保留牛奨励事業を円滑に推進し、肉用牛飼養者(以下「農家」という。)の振興及び基礎雌牛の改良を図るため、日向市保留牛奨励事業補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し、補助金等の交付に関する規則(昭和46年日向市規則第8号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助の対象)

第2条 市長は、次の各号のいずれかに該当する子牛を当該年度において県内の子牛市場で導入した農家(以下「補助対象農家」という。)に対し、補助金を交付するものとする。

(1) 日向市子牛品評会に出品され、1等賞以上の評価をされた子牛

(2) 県内各郡市子牛共進会に出品された子牛

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、1頭につき5万円とする。

(補助金の申請)

第4条 補助金の交付を希望する農家は、規則第3条に規定する補助金等交付申請書に次に掲げる書類を添付して市長に申請しなければならない。

(1) 事業実績書

(2) 登記書又は血統書の写し

(3) せり買証等の導入価格を証明する書類

(保留期間)

第5条 第2条の規定に該当し、補助の対象となった子牛は、当該農家において導入後60月以上保留しなければならない。

(補助金の返還)

第6条 市長は、補助金の交付を受けた農家が、第2条に規定する要件及び前条に規定する条件を欠いたときは、補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(交付手続きの委任)

第7条 補助金の交付申請、請求及び受領に関する権限並びに返還に関する事務については、補助対象農家から委任を受けた農業協同組合がまとめて行うことができるものとする。

附 則

1 この告示は、公表の日から施行し、平成15年度予算に係る事業から適用する。

2 日向市保留牛奨励金要綱(平成5年日向市告示第8号)は、廃止する。

附 則(平成18年2月24日告示第19号)

この告示は、公表の日から施行し、平成17年度予算に係る事業から適用する。

日向市保留牛奨励事業補助金交付要綱

平成16年3月23日 告示第27号

(平成18年2月24日施行)

体系情報
要綱集/第9類
沿革情報
平成16年3月23日 告示第27号
平成18年2月24日 告示第19号