○日向市豚丹毒ワクチン予防接種事業補助金交付要綱

平成13年3月28日

告示第44号

(趣旨)

第1条 この告示は、豚の健康保持及び伝染病のまん延を防止し、予防衛生に取り組む養豚農家(以下「農家」という。)の経営安定を図るため、農家に対豚丹毒ワクチン予防接種事業補助金(以下「予防接種補助金」という。)を交付することに関し、補助金等の交付に関する規則(昭和46年日向市規則第8号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助の対象)

第2条 予防接種補助金の交付対象となる農家(以下「交付対象農家」という。)は、次に掲げる要件に該当する農家とする。

(1) 飼育している豚(市内で飼育されている豚に限る。以下同じ。)に年間を通して予防注射を完全実施した農家であること。

(2) 予防接種手数料を完納している農家であること。

(3) 地域の環境に対処した農家であること。

(補助金の額)

第3条 予防注射補助金の額は、予防注射を実施した豚1頭につき40円とする。

(補助金の申請)

第4条 交付対象農家は、規則第3条に規定する補助金等交付申請書に予防注射連名簿又は日向市自衛防疫推進協議会が発行する注射済証明書を添付して、市長に申請しなければならない。

2 予防注射補助金の交付申請は、4月から9月までに実施したもの及び10月から翌年3月までに実施したものに分けて行うものとする。

(補助金の返還)

第5条 市長は、補助金の交付を受けた農家が第2条に規定する要件及び前条に規定する条件を欠いたときは、補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(委任)

第6条 この告示の定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この告示は、公表の日から施行し、平成12年10月1日から適用する。

2 豚コレラ・豚丹毒混合ワクチン予防接種事業補助金交付要綱(平成7年日向市告示第19号)は、廃止する。

日向市豚丹毒ワクチン予防接種事業補助金交付要綱

平成13年3月28日 告示第44号

(平成13年3月28日施行)

体系情報
要綱集/第9類
沿革情報
平成13年3月28日 告示第44号