○日向市ゆとりある地域肉用牛生産基盤づくり事業補助金交付要綱

平成13年3月28日

告示第43号

(趣旨)

第1条 この告示は、活力とゆとりある地域肉用牛生産経営と合理的な肉用牛生産体制を確立するため、農業協同組合及びヘルパー組合に対し、日向市ゆとりある地域肉用牛生産基盤づくり事業補助金を交付することに関して、補助金等の交付に関する規則(昭和46年日向市規則第8号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助の対象)

第2条 この補助金の交付対象となる事業は、次に掲げるものとし、それぞれの事業内容は宮崎県ゆとりある地域肉用牛生産基盤づくり事業実施要領(平成9年7月8日付け宮崎県農政水産部畜産課通知。以下「実施要領」という。)に定めるところによる。

(1) 地域推進指導事業

(2) ヘルパー活動支援事業

(3) ヘルパー施設機械整備事業

(補助対象経費及び補助率)

第3条 補助の対象となる経費及び補助率は、別表のとおりとする。

(交付申請)

第4条 申請者は、次に掲げる書類を添えて市長に申請しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) 見積書

(4) 設計書

(5) その他市長が必要と認める書類

(実績報告)

第5条 補助事業者は、補助事業が完了した日から起算して30日を経過した日又は補助金の交付決定のあった年度の翌年度の4月20日のいずれか早い期日までに、次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 事業実績書

(2) 収支決算書

(補助金の交付)

第6条 この補助金は、概算払いにより交付する。

附 則

この告示は、公表の日から施行し、平成12年度の予算に係る事業から適用する。

別表(第3条関係)

区分

補助対象経費

補助率等

地域推進指導事業

市が実施要領第2の1の事業を行うのに要する経費

2分の1以内

日向農業協同組合が行う実施要領第2の1の事業に必要な経費について、市が補助する場合における当該補助に要する経費

市長が別に定める額

ヘルパー活動支援事業

日向市和牛ヘルパー組合が行う実施要領第2の2の事業に必要な経費について、市が補助する場合における当該補助に要する経費

市長が別に定める額

ヘルパー施設機械整備事業

日向農業協同組合又は日向市和牛ヘルパー組合が行う実施要領第2の3の事業に要する経費について、市が補助する場合における当該補助に要する経費(3分の1の比率による補助をすることとした場合に要する経費を限度とする。)

10分の10以内

日向市ゆとりある地域肉用牛生産基盤づくり事業補助金交付要綱

平成13年3月28日 告示第43号

(平成13年3月28日施行)