○日向市育英奨学金貸付基金条例施行規則

昭和42年4月19日

教育委員会規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は、日向市育英奨学金貸付基金条例(昭和41年日向市条例第19号)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(申請手続)

第2条 奨学金を受けようとする者は、次の書類を提出しなければならない。

(1) 奨学生願書(様式第1号)

(2) 奨学生推薦調書(様式第2号)

(3) 生計を一にする世帯全員の住民票の写し

2 奨学生願書には本人及び連帯保証人2人が署名しなければならない。

3 連帯保証人は、本市に居住し、かつ、生計を営む者であって、いつでも本人と連絡のできる者でなければならない。ただし、市長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

4 連帯保証人のうち1人は、本人の父母、兄姉又は生計上のこれに代わる者でなければならない。

5 連帯保証人が欠けたときは、直ちにこれに代わる連帯保証人を立て、市長に届け出なければならない。

6 奨学生推薦調書には、家庭調書及び現に在学する学校長の発する学業成績表(第1学年にあつては直前に卒業した学校長の発するもの)を添付しなければならない。

(奨学生の決定)

第3条 奨学生は、日向市育英奨学生選考委員会(以下「委員会」という。)の選考を経て市長がこれを決定する。

2 委員会の委員は10人以内とし、次に掲げる者のうちから日向市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が委嘱し、又は任命する。

(1) 学識経験者

(2) 教育関係職員

3 第1項の規定により奨学生を決定した場合は、在学する学校長及び当該申請者に通知する。

(借用証書の提出)

第4条 前条の規定により奨学金貸与の決定の通知を受けた者は、連帯保証人と連署した奨学金借用証書(様式第3号)を遅滞なく、市長に提出しなければならない。

(学業成績表の提出)

第5条 奨学生は、在学する学校長を経て毎学年末学業成績表を教育委員会に提出しなければならない。

(異動等の届出)

第6条 奨学生は、第1号から第3号までのいずれかに該当することとなつた場合は、異動届(様式第4号)を、第4号に該当することとなった場合は連帯保証人変更届(様式第5号)を直ちに市長に届け出なければならない。ただし、奨学生本人が疾病等のため届け出ることができないときは、連帯保証人が本人に代わり届け出ることができる。

(1) 休学、復学、転学又は退学したとき。

(2) 停学その他の処分を受けたとき。

(3) 本人又は連帯保証人の身分、住所その他重要な事項に変更があつたとき。

(4) 連帯保証人が死亡又はその他の理由により、その資格を失い、又は市長が不適当と認めて、その変更を命じたとき。

2 奨学生であった者が、奨学金償還完了前において、前項第3号及び第4号に該当するに至ったときは、前項に準じ異動届又は連帯保証人変更届を市長に提出しなければならない。

(奨学金の貸付け)

第7条 奨学金は、毎月1か月分ずつを本人に貸し付ける。ただし、特別の事情があるときは、数か月分を合わせて貸し付けることができるものとする。

(借用金額の通知)

第8条 市長は、奨学生が貸与期間の満了その他の理由で奨学生でなくなったときは、借用確定金額について、奨学生及び連帯保証人に対し日向市育英奨学金借用金額確定通知書(様式第6号)によって通知するものとする。

(償還期間変更の願出)

第9条 奨学金の償還期間の変更を希望する者は、その事由を明記した奨学金償還期間変更願(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

(償還猶予の願出)

第10条 奨学金の償還猶予を受けようとする者は、その事由を明記した奨学金償還猶予願(様式第8号)を提出しなければならない。

(死亡の届出)

第11条 奨学生が死亡したときは、連帯保証人又は遺族は、戸籍抄本を添えて直ちに死亡届を提出しなければならない。

2 奨学生であつた者が、奨学金償還完了前に死亡したときは、連帯保証人又は遺族は、戸籍抄本を添えて直ちに死亡届を提出しなければならない。

第12条 削除

(償還減免の願出)

第13条 条例第12条の規定により奨学金の償還減免を受けようとするときは、連帯保証人又は遺族は、その事情を具して願い出なければならない。

附 則

1 この規則は、昭和42年4月1日から施行する。

2 この規則施行の際、現に奨学金の貸与を受けている者については、なお、従前の例による。

附 則(昭和53年3月8日教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年2月19日教委規則第1号)

1 この規則は、公布の日(以下「施行日」という。)から施行する。

2 この規則施行の際現に奨学金の貸付けを受けている者(以下「借受人」という。)については、なお従前の例による。ただし、借受人が施行日以降に第7条、第10条、第11条又は第13条の規定に該当することとなつた場合においては、改正後の日向市奨学金貸付基金条例施行規則の規定を適用する。

附 則(平成17年12月28日教委規則第6号)

この規則は、平成18年2月25日から施行する。

附 則(平成25年6月27日教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年1月30日教委規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行日の前に奨学金の貸付を受けていたものについては、なお従前の例による。

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

日向市育英奨学金貸付基金条例施行規則

昭和42年4月19日 教育委員会規則第10号

(平成30年1月30日施行)

体系情報
第7類 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和42年4月19日 教育委員会規則第10号
昭和53年3月8日 教育委員会規則第5号
昭和56年2月19日 教育委員会規則第1号
平成17年12月28日 教育委員会規則第6号
平成25年6月27日 教育委員会規則第2号
平成30年1月30日 教育委員会規則第1号