文字の大きさ

ホーム市政情報市長室「市長活動状況」 > 市長の動き(令和3年2月)

市長室

市長活動状況

更新日:2021年3月24日

市長の動き(令和3年2月)

 

辞令

2月1日(月曜日) 
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を迅速かつ適切に行うため、健康福祉部いきいき健康課内に新型コロナウイルスワクチン接種推進係を新設し、担当する職員へ辞令交付を行いました。

 

 

商品1商品2

2月8日(月曜日) 
「日向市の地域資源を生かした食・グッズ・お土産・観光メニュー」の開発に取り組んできた日向市地域雇用創造協議会が、地元の企業や就労支援施設などと連携し、県産杉の鉋屑(かんなくず)を活用して開発した「杉のコサージュ」を十屋市長に報告しました。十屋市長は、「きれいで素晴らしい。地域資源を活かしながら、障がい者の雇用や所得の向上などにつながり嬉しいことです」と述べました。

 

 

囲碁1囲碁2

2月15日(月曜日)
囲碁の第62期アマ宮崎本因坊戦の決定戦で初防衛を果たした奈須春樹さんと面会しました。十屋市長は、「小さい頃から頑張っておられ、すごいことです。今後も防衛してください。応援しています」と激励しました。

 

 

自衛隊1自衛隊2

2月21日(日曜日)
自衛隊入隊者激励会が開催され、宮崎県防衛協会日向市支部長である十屋市長は、「積小為大の言葉をおくります。立派な自衛隊員になってください」とあいさつしました。

 

 

記者会見

2月22日(月曜日)
定例記者会見を開催し、十屋市長が、2月26日招集の令和3年第2回日向市議会(定例会)に提案する条例や令和3年度当初予算案等の概要について発表しました。

 

 

協定1協定2

2月24日(水曜日)
本市は、宮崎県建築士会並びに宮崎県建築士事務所協会と「被災建築物応急危険度判定等に関する協定」を締結。十屋市長は、「災害時は、皆さまのお力をお借りし、早急な復旧に向けた取り組みを進めたい」とあいさつしました。

 

 

三大祭り

2月25日(木曜日)
コロナ禍で昨年は中止を余儀なくされた「細島みなと祭り・日向ひょっとこ夏祭り・日向十五夜祭り(日向三大祭)」の各実行委員会が、共同で企画作成した「日向三大祭Tシャツ」の販売益金を、新型コロナウイルス感染症対策に役立てて欲しいとして、市にご寄付いただきました。十屋市長は、「寄付金は、医療・介護・福祉関係の新型コロナウイルス対策に活用させていただきます」とお礼を述べました。

 

 

日向工1日向工2

2月25日(木曜日)
産学官の人材育成システム「デュアルシステム」の一環として、本市の高校魅力向上事業を活用しながら、株式会社MFE HIMUKA(島原俊英社長)で就業訓練を行っていた県立日向工業高校生徒2名が、ステンレス製傘立ての図面作成から組み立てを行い、完成した製品2基を市にご寄付いただきました。十屋市長は、「産業人材の育成は、ふるさとを愛する心を育てること。地元で就職して頑張っていただくことを期待します」とお礼を述べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当課 総合政策部 秘書広報課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-66-1003(直通:広報広聴係)
FAX 0982-52-1453
メール public@hyugacity.jp