文字の大きさ

ホームくらし・手続きごみ・環境・衛生「ごみ」 > 食品ロスの削減にご協力をお願いします
ホームくらし・手続きごみ・環境・衛生「リサイクル」 > 食品ロスの削減にご協力をお願いします
ホームくらし・手続きごみ・環境・衛生「ごみ・リサイクル」 > 食品ロスの削減にご協力をお願いします

ごみ・環境・衛生

ごみ

更新日:2021年1月14日

食品ロスの削減にご協力をお願いします

食品ロスについて

 食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことです。 日本全体で、年間600万トン以上の食品ロスが発生していると推計されており、これは、毎日1人当たりお茶碗約1杯分のごはんを捨てている計算になります。

食品ロス削減のために

 食品ロスの総排出量のうち、約半分が家庭から発生していると言われています。

 主な発生原因として

 (1)過剰除去(皮を厚くむきすぎるなど、過剰に除去されたもの)

 (2)食べ残し(作りすぎや提供量が多く、食べ残された料理など)

 (3)直接廃棄(冷蔵庫などに入れたまま、期限を迎えた食品など) が挙げられます。

 ご家庭で出来る対策として、

 ・食品の買い置きの状況や、賞味期限等をこまめに確認する

 ・料理をする際は、食べきれる量を考えて作ることや、余ったら別の料理に作りかえる

 ・野菜の皮なども料理の一品とすることで、食材を最後まで使い切る

  などがあります。詳しくは以下の資料等を参照ください。

 家庭での食品ロス (PDF/3.48メガバイト)

 今日から実践!食品ロス削減啓発用パンフレット【基礎編】 (PDF/1.5メガバイト)

 今日から実践!食品ロス削減啓発用パンフレット【応用編】 (PDF/1.1メガバイト)

  https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/education/

 日向市では、外食時の食品ロス削減のため、「30・10(さんまる・いちまる)運動」を推進しています。生ごみの減量化のため、ご協力をお願いします。  

 30・10(さんまる・いちまる)運動について (PDF/355.38キロバイト) 

 また、日向市環境政策課窓口にて、『食品ロス削減家計簿手帳』(公益財団法人あしたの日本を創る協会作成)を配布しています。ご家庭での食事を手帳に記録し、食品ロスを削減する取り組みを始めてみましょう。

食品ロス削減家計簿手帳

 

 宮崎県では、食品ロスの削減に協力する店舗を「食べきり協力店」として登録を行っています。食べきり協力店では、料理の小盛りメニューの設定や、食べ残しを持ち帰るためのドギーバッグの配布などが行われています。

 宮崎県循環社会推進課で登録を受け付けています。詳細は下記のホームページを参照ください。

 https://www.pref.miyazaki.lg.jp/junkansuishin/kurashi/shizen/20200903161430.html

担当課 市民環境部 環境政策課
所在地 〒883-0034 宮崎県日向市大字富高2203番地1
電話 0982-53-2256
FAX 0982-53-9260
メール kankyo@hyugacity.jp