文字の大きさ

ホーム産業・経済・ビジネス産業・しごと「畜産業」 > 【2例目】本市での鳥インフルエンザの感染確認について

産業・しごと

畜産業

更新日:2020年12月14日

【2例目】本市での鳥インフルエンザの感染確認について

12月14日(月曜日)、日向市美々津町において、鳥インフルエンザが疑われる事例が発生しましたので、同日の午前8時30分から「第3回日向市鳥インフルエンザ防疫対策本部会議」を開催し、県主導の防疫を支援するための動員体制などについて、協議を行いました。

【協議内容】
○経緯
12月14日(月曜日)午前1時30分に、死亡鶏が増加していることの報告を受け、延岡家畜保健衛生所が農場立ち入り検査を実施し、午前3時20分にA型インフルエンザ陽性を確認。
同日午前5時40分に、宮崎家畜保健衛生所において持ち帰った検体を簡易検査したところ、同じくA型インフルエンザ陽性を確認。

○発生農場
日向市美々津町 飼養羽数 46,000羽

○市職員への動員要請
(1)現地本部受付業務、保健師による問診など
(2)殺処分の動員 30名
(3)農場に出入りする車両の消毒作業 12月17日まで24時間体制
(4)発生農場への交通遮断業務 12月17日まで24時間体制
(5)消毒ポイント設置(お倉ヶ浜総合公園駐車場、塩見永田交差点、東郷グラン ド下駐車場) 24時間体制

○給水支援
各消毒ポイントへ、水道課の給水車による支援

市民の皆様へ  

今後、殺処分や消毒などの防疫措置を速やかにすすめてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
○わが国では、家きん肉や家きん卵を食べて、鳥インフルエンザに感染した例は報告されていません。正確な情報に基づいて、冷静な対応をお願いいたします。
○鳥インフルエンザに感染した鶏肉や卵は、市場に流通していません。
○国の飼養衛生管理基準では、農場管理者は必要のない者を衛生管理区域に立ち入らせてはなりませんので、市民の皆様は農場への出入りをお控えください。
また、野鳥などが大量に死んでいるのを見かけた場合は、絶対に手を触れずに、林業水産課(電話0982-66-1029)までお知らせください。

宮崎県のホームページ
鳥インフルエンザについて知りたい方へ(農林水産省)
鳥インフルエンザに関するQ&A(厚生労働省)

 

担当課 総合政策部 秘書広報課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-66-1003(直通:広報広聴係)
FAX 0982-52-1453
メール public@hyugacity.jp