文字の大きさ

ホーム産業・経済・ビジネス産業・しごと「畜産業」 > 本市での鳥インフルエンザの感染確認について(第2報)

産業・しごと

畜産業

更新日:2020年12月3日

本市での鳥インフルエンザの感染確認について(第2報)

日向市内の発生農場における鳥インフルエンザ防疫状況や、都農町で新たに発生した鳥インフルエンザの情報、今後の対応などを協議するため、12月2日(火曜日)午後1時から「第2回日向市鳥インフルエンザ防疫対策本部会議」を開催しました。

【協議内容】
 ○経緯
(1)日向市
 ・12月1日(火曜日) 午後9時に殺処分終了(40,000羽)
 ・12月2日(水曜日) 午前10時から農場内の消毒作業 午後4時終了予定

(2)都農町
 ・12月1日(火曜日)
午後3時25分 都農町農場において、宮崎家畜保健衛生所による簡易検査を実施、陽性を確認
午後5時 宮崎家畜保健衛生所に持ち帰った検体の簡易検査を実施、陽性を確認
午後7時 日向市内に消毒ポイントを2ヶ所設置(百町原の国道10号沿い、飯谷の農道沿い)
午後9時30分 消毒ポイントへの給水車による給水を完了
・12月2日(水曜日)
午前1時 PCR検査により陽性判明(H5亜型)県による消毒作業を開始(作業班第1陣 自衛隊100名集合)
午前3時 殺処分開始

○今後の作業・対応
・本日、市内の発生農場の消毒作業終了に伴い、農場入口付近の通行遮断は午後4時、消毒は午後7時に終了予定。
・越表の消毒ポイントは、12月23日まで作業が続く予定。
・飯谷の消毒ポイントは、作業終了まで給水車による給水を実施。

【その他】
・12月1日に、市内の養鶏農家へ防疫体制の強化を要請。
・寺迫小学校、寺迫幼稚園、高松保育園、坪谷小学校に消毒用マットを設置。
・都農町の発生農場から3キロメートル圏内の移動制限区域には、本市の農場は含まれていません。また、10キロメートル圏内の搬出制限区域には、59農場2,148,700羽が飼養されています。

市民の皆様へ

○わが国では、家きん肉や家きん卵を食べて、鳥インフルエンザに感染した例は報告されていません。
○鳥インフルエンザに感染した鶏肉や卵は、市場に流通していません。
○国の飼養衛生管理基準では、農場管理者は必要のない者を衛生管理区域に立ち入らせてはなりませんので、市民の皆様は農場への出入りをお控えください。

宮崎県のホームページ
鳥インフルエンザについて知りたい方へ(農林水産省)
鳥インフルエンザに関するQ&A(厚生労働省)

担当課 総合政策部 秘書広報課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-66-1003(直通:広報広聴係)
FAX 0982-52-1453
メール public@hyugacity.jp