文字の大きさ

ホーム市政情報政策・計画「日向市人口ビジョン・総合戦略」 > 日向市の商工業及び人口減少に関するアンケート調査結果報告書

政策・計画

日向市人口ビジョン・総合戦略

更新日:2016年12月22日

日向市の商工業及び人口減少に関するアンケート調査結果報告書

 平成27年3月に下記のとおり、「日向市の商工業及び人口減少に関するアンケート調査」を実施し、報告書をとりまとめましたので公表します。

 アンケート調査によりますと、過去3年間の売り上げ状況は、「横ばい」(40.2%)が最も多く、次いで「減収減益」(30.3%)となっております。また、事業経営上の問題点では、「受注減、売れ行き不振」(35.5%)の割合が最も高く、次いで「人手不足、求人難」(33.3%)、「人件費や原油価格等の経費増加」(31.7%)となっております。 特に、不足している人材として、「技能者・熟練工」(45.9%)の割合が最も高く、人口減少が進むなかで、どのように人材確保、人材育成を図っていくかが課題といえます。

  そのため、商工業振興のために、行政に望むことでは、「企業誘致の促進」(27.6%)の割合が最も高く、次いで「人材の確保・育成に対する支援」(27.3%)となっており、官民一体となった人材の確保・育成の施策を推進することが求められております。

 人口減少に関する認識では、日本創生会議が公表した人口推計について、約半数の方が「知らなかった」と回答しており、人口減少に向け必要な施策については、「産業を振興し、雇用を拡大させて、経済を活性化させる取組」(34.0%)の割合が最も高く、次いで「子育て支援やワークライフバランスの充実により、結婚・出産・子育ての希望をかなえる取り組み」(22.6%)となっております。

 今回のアンケート結果や皆さんのご意見は、今年度策定する「総合戦略」の参考にさせていただきます。なお、その他意見については、アンケートの中でいただいたご意見をそのまま掲載しておりますので、ご了承ください。 

 (1)調査の目的

 昨年5月に公表された日本創生会議の推計では、本市の2040年の人口は5万人を切り、若年女性人口が43%減少すると予測されている。本市は、消滅可能性都市には該当しないものの、大変衝撃的な内容であり、早急に対策を講じるため平成27年度中に『日向市総合戦略(仮称)』を策定し、人口減少施策の推進を検討している。 総合戦略では、「しごとの創出」に関する施策が重要となり、市内の商工業の現状や課題を把握し、今後の人口減少施策の参考とするため、3者で協力し下記のとおりアンケート調査を実施した。

 (2)調査の対象

 日向商工会議所及び東郷町商工会会員から無作為で1000社を抽出

 (3)調査期間

 平成27年2月27日~平成27年3月16日

 (4)調査方法

 郵送による調査票の配布・回収

 (5)回収率

 36.6%(回収366票/送付1000票)

〇アンケート調査結果報告書

日向市の商工業及び人口減少に関するアンケート調査報告書 (PDF/1.13メガバイト)

担当課 総合政策部 総合政策課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 (統計係:内線6211)
0982-66-1001(政策推進係・広域連携推進係)
0982-66-1002(ICT推進係・情報管理係)
0982-66-1006(男女共同参画推進室)
FAX 0982-54-8747
メール sougou@hyugacity.jp