海・山・人がつながり 笑顔で暮らせる元気なまち 日向市

文字の大きさ

ホーム市政情報市長室「市長活動状況」 > 市長の動き(令和2年9月)

市長室

市長活動状況

更新日:2020年10月20日

市長の動き(令和2年9月)

ガイドライン1ガイドライン2

9月1日(火曜日)
新型コロナウイルス感染予防対策の一環として実施する「県内一斉ガイドライン点検の日」に、本市においても市職員・県職員・市議会・日向商工会議所・県飲食業生活衛生同業組合日向支部・県社交飲食生活衛生同業組合日向支部などの関係者64名が参加し実施しました。十屋市長も居酒屋などを巡回し、感染防止ポスターの配布やガイドライン遵守の呼び掛けを行いました。

 

文化1文化2

9月2日(水曜日)
日向市書道協会幹事で日向市美術展覧会無鑑査の 畝原ひろみ さんが日向市文化連盟芸術文化賞を受賞され、その授賞式が行われました。十屋市長は「書道文化の振興や青少年の健全育成、担い手育成にご期待します」とあいさつしました。

 

台風1台風2

9月5日(土曜日)

台風10号接近に伴い、災害対策本部を設置。十屋市長は、市民の安全安心を確保するため、早めの避難情報の発令や避難所の開設、避難所での新型コロナウイルス感染症予防対策の徹底、全庁体制での情報共有や対応などについて指示しました。

 

会見1会見2

9月11日(金曜日)
第5回日向市議会に追加で提案する条例や第5弾となる新型コロナウイルス感染症緊急経済対策に関する予算などの議案について臨時記者会見を開催しました。

 

捜索1捜索2

9月15日(火曜日)
宮崎市内で「有限会社シュウスイ」を経営する髙瀬秀国社長から、海難事故で亡くなられた同社に勤務する甥の捜索にあたった本市に対し100万円のご寄附をいただきました。十屋市長は「心から哀悼の誠をささげます。寄附金は注意看板などの安全対策や市の発展のために活用していきます」とお礼を述べました。

 

防衛

9月15日(火曜日)

自衛隊宮崎地方協力本部長の荒井将人一等空佐がお越しになり、我国を取り巻く安全保障環境や活動内容などを掲載した2020年度版「防衛白書」の概要説明を受けました。

 

医療従事者

9月16日(水曜日)
日向市の地域医療を考える会(那須久司 会長)が新型コロナウイルス感染症と闘う医療従事者への応援メッセージを募集。十屋市長は医療従事者への感謝の気持ちを込めたメッセージを投稿しました。

 

ひなた1ひなた2

 9月17日(木曜日)
市内の路地物へべす農家4人が、県が農産物の安全性を示す「ひなたGAP」の認証取得の報告とへべすを使用した飲料水などの試食が行われました。十屋市長は「へべすは大好き、香りがよくおいしい」と感想を述べました。

 

 牧水1牧水2

9月17日(木曜日)
国民的歌人若山牧水を顕彰する第70回牧水祭が、出身地の東郷町坪谷の生家横にある夫婦歌碑前で開催されました。十屋市長は歌碑への献酒の後、「コロナ禍の中、歩みを止めることなく、今後も顕彰事業に努力していきます」とあいさつしました。

 

トーゴ1トーゴ2

9月29日(火曜日)
東京オリンピック・パラリンピックに参加するトーゴ共和国のホストタウンに登録している本市は、同国と日本トーゴ友好協会との三者で、トーゴ共和国の井戸の修復を支援することや今後の文化交流についての協定をリモート形式で締結しました。十屋市長は「市民がなじみのないトーゴという国を知る良い機会。多様な文化と接することは、市民にとって有意義だと思います」と話しました。

 

 温泉1

9月30日(水曜日)
日向サンパーク温泉館の最後の営業日(9月30日)に、十屋市長(株式会社日向サンパーク温泉社長)は、利用者の皆様にお礼と感謝を述べながら最後まで見送りました。

担当課 総合政策部 秘書広報課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1003(直通:広報広聴係)
FAX 0982-52-1453
メール public@hyugacity.jp