文字の大きさ

ホーム子育て・教育子育て・教育「子育て支援」 > 令和2年10月1日からロタウイルスワクチン予防接種が始まります

子育て・教育

子育て支援

更新日:2020年9月29日

令和2年10月1日からロタウイルスワクチン予防接種が始まります

令和2年10月1日からロタウイルスワクチンの定期予防接種がはじまります。

 ロタウイルス感染症は、ロタウイルスが原因で発症する感染症です。ロタウイルスに自然に感染した場合、体の中にできる免疫が一度感染しただけでは不完全なため、何度も感染を繰り返します。感染した時に体に現れる症状は初めて感染した時が最も重症で、感染を繰り返すにつれて軽症化します。生後、すぐに感染する場合もあるので、ワクチンの接種は、早くはじめて早く完了させましょう。主な症状は、「ロタウイルス胃腸炎」と呼ばれる急性胃腸炎で、激しい嘔吐と水様性の下痢、発熱が見られます。また、脱水・けいれん・肝機能異常・腎不全・脳症等の合併が起きることもあるため、入院を必要とすることもあります。腸重積症が起こりにくい時期に早く始めて早く完了させましょう。

 

【対象者】令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

【ワクチンの種類・接種方法】ロタウイルスの毒を弱毒化した生ワクチンで口から液体を飲む方法。(1)ロタリックス(2回接種) (2)ロタテック(3回接種)の2種類がありますので、どちらかを選んでください。2種類ありますが、同様の効果が得られます。途中からワクチンの種類を変えることはできません。

【接種時期】(1)ロタリックス:出生6週0日後から24週0日後まで (2)ロタテック:出生6週0日後から32週0日後まで ※どちらのワクチンも、初回は出生14週6日後までの接種を推奨されています。それ以降に接種すると腸重積症のリスクが高まる可能性があります。

【予防接種後の副反応について】  

※接種後1~2週間は「腸重積症」に注意が必要です。「腸重積症」とは、腸の一部が隣接する腸管にはまり込む病気で、速やかな治療が必要です。
※「腸重積症」はワクチン接種にかかわらず、3~4か月齢ぐらいから月齢が上がるにつれて多くなりますので、早めに接種を開始し、完了させることがすすめられています。
※下記の様子が一つでも見られた場合は予防接種をした医療機関に速やかに受診をしてください。
□突然激しく泣く  □嘔吐を繰り返す  □便に血が混じる
□ぐったりして顔色が悪い □機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す

 

担当課 健康福祉部 こども課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1021(直通)
FAX 0982-54-4350
メール kodomo@hyugacity.jp