海・山・人がつながり 笑顔で暮らせる元気なまち 日向市

文字の大きさ

ホーム市政情報市長室「市長活動状況」 > 市長の動き(令和2年8月)

市長室

市長活動状況

更新日:2020年9月15日

市長の動き(令和2年8月)

8.3ラジオ8.3対策本部

8月3日(月曜日)
午前中、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策に関するお知らせをするため、十屋市長がFMひゅうがの市政情報コーナーに出演し収録を行いました。また、午後から第26回目の「日向市新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を開催。本部会では、延岡・西臼杵地区が感染状況の厳しい圏域とされたことに伴う情報共有や7月31日に定めた対応方針の確認などを行いました。

 

8.4臨時記者会見

8月4日(火曜日)
県下一斉の休業要請に伴い、市内飲食店の休業等に対する協力金及び支援金の交付に係る予算を専決処分したこととその事業内容について臨時記者会見を開催。

 

8.5葦北18.5葦北2

8月5日(水曜日)
豪雨災害で被災した熊本県芦北町の災害ごみ収集を支援するため、職員4名と清掃車2台を派遣しました。十屋市長は出発式のあいさつで「熱中症に注意しながら一日も早い復旧・復興につながるよう頑張ってください」と話しました。

 

8.5相談員

8月5日(水曜日)
日向市障がい者相談員の8名(当日出席者5名)に委嘱状を交付しました。十屋市長は「長年の経験や知識を生かされ、関係機関との連携や情報提供に協力をお願いします」とあいさつしました。

 

8.5都市計18.5都市計2

8月5日(水曜日)
日向市都市計画審議会の開会に先立ち、十屋市長は委員への委嘱状交付とあいさつを行いました。

 

8.6ひまわり18.6ひまわり2

8月6日(木曜日)

東郷まちづくり協議会は、同協議会で育てたひまわりを多くの人に見てもらいたい、コロナに負けず元気を出して欲しいとの思いで花束にし、十屋市長に贈呈しました。十屋市長は「コロナ禍の中、きれいな花を見て市民の皆さんが和らげれば嬉しいです」とお礼を述べ、頂いた花は庁舎の窓口に飾りました。

 

8.7ネットワーク18.7ネットワーク2

8月7日(金曜日)
全国22の市町で構成する「市町村広域災害ネットワーク」の首長会議がWeb方式で開催されました。十屋市長は、サーモグラフィ検温システムの導入や避難所用の間仕切りの購入など、コロナ禍における災害対策や課題について発表すると同時に、加盟自治体との情報交換や協力体制の確認などを行いました。

 

8.18派遣18.18派遣2

8月18日(火曜日)
2020年7月豪雨で被災した熊本県芦北町で災害ごみ収集運搬及び住家被害認定の被災地支援業務に従事した職員が十屋市長にその活動報告を行いました。職員は「市内で災害が発生した時には経験を活かしていきたい」、「少しでも被災地の力になれて良かった」、「災害時は部署間の連携が必要」などの報告に対し、十屋市長は労をねぎらい「災害時には、市職員として市民の安心と復旧復興のため、被災地の支援活動で得た経験を活かして欲しい」と話しました。

 

8.19フェイス寄贈18.19フェイス寄贈2

8月19日(水曜日)
株式会社二葉技研様より、新型コロナウイルスの感染症予防に役立てて欲しいとフェイスシールド300個を市にご寄付いただきました。贈呈いただいたフェイスシールドは、消防本部の救急隊員が感染症防護具として使用します。

 

8.19県要望18.19県要望2

8月19日(水曜日)
宮崎県市長会で集約した新型コロナウイルス感染症に係る対策について、各市の首長が出席し県知事に対する要望活動を行いました。

 

8.21安田18.21安田2

8月21日(金曜日)
明治安田生命保険相互会社宮崎支社様より、新型コロナウイルスの感染症予防に役立てて欲しいと413,500円を市にご寄付いただきました。十屋市長は「会社の地域活動に感謝します。様々な新型コロナウイルスの感染症対策に活用させていただきます」とお礼を述べました。

 

8.21環境18.21環境2

8月21日(金曜日)
日向市環境保全審議会の委員18名及び日向市廃棄物減量等推進審議会の委員10名に委嘱状を交付。十屋市長は「本市の環境保全のため、良好な環境や廃棄物の減量化、資源化などについてそれぞれの立場や専門的な見地から審議をお願いします」とあいさつしました。

 

8.21記者1

8月21日(金曜日)
令和2年第5回日向市議会(9月定例)に提案する議案について記者会見を開催。合わせて新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の各種事業の進捗状況や感染拡大防止などについて説明しました。

 

8.24病院整備18.24病院整備2

8月24日(月曜日)
無床化の方針としている市立東郷病院の今後の整備等を検討する第1回目の(仮称)日向市東郷診療所整備検討委員会を開催。会議の冒頭に、十屋市長が医師会や社会福祉協議会、区長公民館長連合会、東郷地区公民館長会の関係者及び公募者に委嘱状を交付し、「東郷地域における良質で持続可能な医療体制にしっかり取り組んでいきたい。様々な観点で論議いただき方向性を出していただきたい」とあいさつしました。

 

8.26サーモ18.26サーモ2

8月26日(水曜日)
埼玉県朝霧市で株式会社力興業を経営する本市出身の永田英力(代表取締役)様より、新型コロナウイルスの感染症予防に役立てて欲しいと体表面温度監視カメラ6台、次亜塩素酸加湿器1台、フェイス(不織布)マスク4,000枚を市にご寄付いただきました。ご本人はコロナ禍で帰省を控えられたことから、市内在住のご両親が代理で贈呈していただきました。ご寄付いただいた機器類等は市庁舎などの感染予防で活用していきます。

 

8.26県要望18.26県要望2

8月26日(水曜日)
来年度の県の施策や予算、新型コロナウイルス感染症対策等に係る本市独自の要望書を十屋市長と黒木市議会議長が合同で県知事及び県議会議長に提出しました。

 

8.26イチゴ会18.26イチゴ会2

8月26日(水曜日)

日向商工会議所において開催された一期クラブ並びに同会議所青年部OB等の例会において、十屋市長は「今年度の市政方針」やそれに基づく各種施策について講演を行いました。

 

8.31対策会議

 8月31日(月曜日)
第29回目の「日向市新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を開催。本部会では、県が警戒レベルを引き下げたことに伴い、本市における感染防止の対応・公共施設の再開等について協議し、対応方針の変更を決定しました。

担当課 総合政策部 秘書広報課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1003(直通:広報広聴係)
FAX 0982-52-1453
メール public@hyugacity.jp