文字の大きさ

ホーム産業・経済・ビジネス産業・しごと「雇用・労働」 > 事業所、労働者の皆様へお知らせ(ハラスメント防止対策の強化、労災認定基準へのパワーハラスメント明示)

産業・しごと

雇用・労働

更新日:2020年6月19日

事業所、労働者の皆様へお知らせ(ハラスメント防止対策の強化、労災認定基準へのパワーハラスメント明示)

職場におけるハラスメント防止対策が強化されました

2020年6月1日から、パワーハラスメント防止措置が事業主の義務(※)となりました。

※中小事業主は、2022年4月1日から義務化されます。(それまでは努力義務です。)早めの対応をお願いします。

 

職場における「パワーハラスメント」とは、

職場において行われる

 (1)優越的な関係を背景とした言動であって、

 (2)業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、

 (3)労働者の就業環境が害されるものであり、

(1)~(3)までの要素をすべて満たすものをいいます。

 

事業主は、以下の措置を必ず講じなければなりません。(義務)

 □事業主の方針等の明確化及びその周知・啓発

 □相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備

 □職場におけるパワーハラスメントにかかる事後の迅速かつ適切な対応このほか、望ましい取組についても積極的な対応をお願いします。

ハラスメント防止対策リーフレット(PDF) (PDF/2.31メガバイト)

詳しくは、こちら(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

 

精神障害の労災認定基準に「パワーハラスメント」が明示されます

2020年6月から改正労働施策総合推進法が施行され、パワーハラスメントの定義が法律上規定されたこと等を踏まえ、認定基準の「業務による心理的負荷評価表」にパワーハラスメントが明示されました。

精神障害の労災認定基準改正パンフレット(PDF) (PDF/1.67メガバイト)

詳しくは、こちら(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

担当課 商工観光部 商工港湾課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1025(直通)
FAX 0982-54-2639
メール syoukou@hyugacity.jp