海・山・人がつながり 笑顔で暮らせる元気なまち 日向市

文字の大きさ

ホーム市政情報市長室「市長活動状況」 > 市長の動き(令和2年5月)

市長室

市長活動状況

更新日:2020年6月1日

市長の動き(令和2年5月)

5.11飲食店要望5.11飲食店要望2

令和2年5月1日(金曜日)
新型コロナウイルス感染症の影響で営業自粛を余儀なくされている市内のバーやスナック等の経営者が、繁華街の厳しい現状の報告や市に対する支援策を取りまとめた要望書を十屋市長に提出。十屋市長は「中小企業等応援給付金制度を予算化する。すでに制度化している社会保険労務士の相談支援制度などを活用していただき、早めの手続きをお願いします」などと応えました。

 

5.1議会要望15.1議会要望2

令和2年5月1日(金曜日)
日向市議会が「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急提言書」を十屋市長に手渡ししました。提言書は、支援策等の分かりやすい情報の提供や各会派に寄せられた市民の意見をまとめたもので、十屋市長は「支援制度は幅広い業種の方が利用できるようにした。ホームページや広報などで周知を図りたい」と応じました。

 

5.5対策本部会

令和2年5月5日(火曜日)
5月4日(月曜日)、国が全国を対象にした緊急事態宣言を延長したことに伴い、第15回日向市新型コロナウイルス感染症対策本部会を開催。本部会では、国や県の方針をふまえ、県境をまたいでの不要不急の往来を極力自粛していただくことや国が示す新しい生活様式の徹底、公共施設の閉鎖の延長、市主催のイベントの中止又は延期、学校の対応などについて協議しました。

 

5.11青年会議所15.11青年会議所2

令和2年5月11日(月曜日)
日向青年会議所・日向商工会議所青年部・日向木の芽会が新型コロナウイルス感染症予防に役立ててもらおうと、耳川流域産のスギで製作した「みやざきスギ製飛沫防止スクリーン」30基を市に寄贈しました。十屋市長は「市役所や医療機関などの窓口で活用していきたい」と話しました。

 

5.13東郷町区長会15.13東郷町区長会2

令和2年5月13日(水曜日)
東郷町区長会は、東郷病院を入院患者が受け入れられる体制にすることなどを求めた要望書を十屋市長に提出。十屋市長は「説明会を開催し丁寧に説明を行いたい。6月の市議会において市の方針を示します」と説明しまた。

 

5.15タクシーテイクアウト

令和2年5月15日(金曜日)
新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが減少している飲食業及びタクシー業界が、日向商工会議所と共にテイクアウト商品をタクシーで届けるタクシーデリバリー事業の取り組みについて十屋市長に報告しました。

 

5.15議会減額15.15議会減額2

令和2年5月15日(金曜日)
日向市議会議長と副議長が、日向市議会として市の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策事業を支援するため、議員各位に支払われる6月期末手当の10%及び委員会行政視察費全額の合計403万9千円を減額する申し入れを十屋市長に行いました。十屋市長は「減額分は第3弾の緊急経済対策事業費に充てたい。議会と一緒になって市民や事業者の皆さんのための施策を行っていきたい」と応えました。

 

5.15総合計画15.15総合計画2

令和2年5月15日(金曜日)
来年度からの4年間を計画期間とする「第二次日向市総合計画・後期基本計画」の策定・審議などを担う「日向市総合計画審議会」の会長に、三輪征司日向商工会議所会頭を委嘱しました。十屋市長は「豊富な見識からの助言や提言をお願いします」と話しました。

 

5.15対策本部会

令和2年5月15日(金曜日)
国の緊急事態宣言の一部解除や県の対応方針の決定を受け、第16回日向市新型コロナウイルス感染症対策本部会を開催。本部会では、緊急事態宣言は解除されたものの県境をまたぐ移動の極力自粛や新しい生活様式の徹底、公共施設の順次開放、上半期の市主催の大規模なイベント等の中止若しくは延期、学校の再開等について協議を行いました。

 

5.18消防車配備15.18消防車配備2

令和2年5月18日(月曜日)
更新時期を迎えた日向市消防団第10分団第45部(坪谷地域管轄)の小型動力ポンプ付積載車の配備式が消防署で行われました。十屋市長は「いつ何時発生するかわ分からない災害に対し、車両を活用し市民の安全安心を守ってください」とあいさつしました。

 

5.18ラジオ収録

令和2年5月18日(月曜日)
本市の新型コロナウイルス感染症対策についてお知らせするため、十屋市長がFMひゅうがで収録を行いました。内容は、これまでの感染症予防対策や現在実施している緊急経済対策の事業などで、5月20日から5月29日までの間、毎日17時54分頃から約5分間放送しました。

 

5.19マスク贈呈15.19マスク贈呈2

令和2年5月19日(火曜日)
株式会社和光産業様より、医療機関などで新型コロナウイルスの感染症予防に役立てて欲しいと不織布マスク5千枚を市にご寄付いただきました。贈呈いただいたマスクは、医療機関へ配布しました。

 

5.25交通指導員15.25交通指導員2

令和2年5月25日(月曜日)
日向市交通指導員の任期満了に伴い、新任3人を含む20人に委嘱状を交付しました。また勇退される3人の方に感謝状の贈呈式を行いました。十屋市長は「長年の活動に感謝します。皆さんの活動や関係団体と連携を図りながら市民の交通安全意識の啓発などを行なっていきたい」とあいさつしました。

 

5.27寄付金15.27寄付金2

本市出身で茨城県つくば市在住の株式会社松葉工務店 代表取締役 会長 松葉勇二 様(贈呈者は代理者)より、新型コロナウイルス感染症の対策に役立てて欲しいと現金100万円を市にご寄付いただきました。受領した寄付金は新型コロナウイルス緊急経済対策事業の財源として有効に活用していきます。

 

5.28佐藤酒造15.28佐藤酒造2

令和2年5月28日(木曜日)
新型コロナウイルス感染症の予防対策に役立てて欲しいと、延岡市の佐藤焼酎製造場株式会社様より国産麦焼酎の原酒を再蒸留して製造した高濃度エタノール(6ℓ)と日向青年会議所様より次亜塩素酸ナトリウム(20ℓ)をご寄付いただきました。十屋市長は「これからも消毒は欠かせないのでありがたい」と話しました。

 

5.28旧東郷三役要望15.28旧東郷三役要望2

令和2年5月28日(木曜日)
旧東郷町の当時の三役と町議会議員の方々が、東郷病院を有床病院として存続を求める要望書を十屋市長に提出しました。十屋市長は「持続可能な病院体制を構築していきたい」と説明しました。

 

5.28対策本部会

令和2年5月28日(木曜日)
国の緊急事態宣言が全国的に解除されたことに伴い、第18回日向市新型コロナウイルス感染症対策本部会を開催。本部会では、5月末までは県境をまたぐ移動の自粛や6月1日から県境をまたぐ移動を解除(東京等の一部の地域は慎重に)すること、感染予防対策を講じた上での公共施設の県外者利用を一部可能とすることなどについて協議を行いました。

担当課 総合政策部 秘書広報課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1003(直通:広報広聴係)
FAX 0982-52-1453
メール public@hyugacity.jp