文字の大きさ

ホーム健康・医療・福祉新型コロナウイルス関連情報「新型コロナウイルス感染症への対応」 > 【感染防止】新型コロナウイルス感染症の予防対策
ホーム健康・医療・福祉新型コロナウイルス関連情報「感染予防に関する皆様へのお願い」 > 【感染防止】新型コロナウイルス感染症の予防対策

新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス感染症への対応

更新日:2020年6月1日

【感染防止】新型コロナウイルス感染症の予防対策

 

 5月25日、「新型コロナウイルス感染症」における「緊急事態宣言」は全面解除されました。しかし、決して"安全宣言"ではありません。治療法の確立やワクチンの開発等が実現するまで、私たちは「新型コロナウイルスとともに生きていく社会」を築いていかなければなりません。そのためには、正しく理解し、一人ひとりの意識を変えていくこと、暮らしのあらゆる場面で「新しい生活様式」を実践し、感染拡大防止の徹底を図ることが重要です。
県民の皆様へ
新しい生活様式(宮崎県作成)5.26 (PDF/184.86キロバイト)

(1)県外への往来
 5月末までは、引き続き県境をまたいでの不要不急の往来(帰省や旅行等)は自粛をお願いします。
 6月1日からは、県外への往来自粛は解除されますが、一部首都圏(神奈川、埼玉、千葉、東京)及び北海道、感染流行地域への往来は慎重にお願いします。
(2)外出の自粛
 外出の自粛は解除されていますが、「三つの密(密閉・密集・密接)」がある場所は避けてください。
 また、人と人との距離の確保(おおよそ2メートル)、マスクの着用、こまめな手洗いや手指消毒の徹底など基本的な感染予防対策や、感染拡大予防のための「新しい生活様式」の徹底をお願いします。
密閉・密集・密接しない感染症予防にご協力ください
手洗いの回数・時間による効果 (PDF/1.21メガバイト)
(3)熱中症対策
 近年、熱中症による健康被害が数多く報告されており、気温が高くなるこれからの時期は、感染症予防にも配慮しながら熱中症への対策を行っていくことが大切です。これまで、多くの人が外出を控えていたために身体が暑さに慣れておらず、その上マスクの着用も重なり、これまでと異なる環境下となっています。暑さへの対策や水分補給など熱中症予防を心がけましょう。
 特に、高齢者やこども、障がいのある方などは熱中症になりやすいので注意しましょう。
令和2年度の熱中症予防行動 (PDF/719.66キロバイト)

 この感染症対策は、長期にわたる対応が予想され、今後も一人ひとりが基本的な対策を継続して実践していくことが大切です。毎日体温を測るなど体調管理を心がけ、発熱や風邪などの症状が続く場合は、新型コロナウイルス感染症健康相談センター 電話 0985-78-5670(コロナ ゼロ) 、FAX 0985-44-2616(24時間対応)にご相談ください。
宮崎コロナ2新型コロナ(宮崎県)5.20
 新型コロナウイルス感染症につきましては、国が示している下記のQ&Aをご参照ください。

・「新型コロナウィルス感染症Q&A  一般の方向け」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

・「新型コロナウィルス感染症Q&A 企業の方向け」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

・「新型コロナウィルス感染症Q&A 労働者の方向け」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00018.html

 

担当課 健康福祉部 いきいき健康課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1024(直通)
FAX 0982-56-1423
メール ikiken@hyugacity.jp