文字の大きさ

ホームくらし・手続き防災・災害・国民保護「事前の備え」 > 災害応急対策強化を図る「包括連携協定」を締結しました

防災・災害・国民保護

事前の備え

更新日:2019年2月18日

災害応急対策強化を図る「包括連携協定」を締結しました

 2月8日、災害応急対策の強化を図るため、日向・東臼杵市町村は宮崎日日新聞宮日会日向支部(浜尾直史支部長:12販売店)と「包括連携協定」を締結しました。
 この協定締結により、新聞配達員が災害時に倒木等の被害を発見した場合や、平常時において、高齢者や地域の見守り、不法投棄の情報などを各市町村窓口へ迅速かつ確実に連絡することができます。
 災害発生時には、いかに被害状況を早期に把握できるかが、その後のスムーズな災害応急対策活動にとって大変重要となります。新聞配達の利点を生かした早朝における情報共有体制の強化が期待されます。
 なお、圏域の自治体が合同で宮日会と同様の協定を締結するのは初めてになります。

協定調印式

協定締結式
日向・東臼杵市町村首長及び日向市議会議長と宮崎日日新聞宮日会日向支部の皆さん

担当課 総務部 防災推進課
所在地 〒883-8555宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1011(直通)
FAX 0982-54-8747
メール bosai@hyugacity.jp