文字の大きさ

ホーム健康・医療・福祉年金・保険「介護保険」 > 2019(平成31)年度介護職員処遇改善加算の届出について

年金・保険

介護保険

更新日:2019年2月8日

2019(平成31)年度介護職員処遇改善加算の届出について

2019(平成31)年度に『介護職員処遇改善加算』を算定(新規および継続)する事業者の手続きは、以下のとおりです。内容を確認の上、提出期限の2019年2月28日(木曜日)までに届出をお願いいたします。

なお、消費税率引き上げに伴う当該加算の具体的な内容については詳細が決まっていないため、2018(平成30)年度と同様の様式で計画書を作成してください。

 

(1)介護職員処遇改善加算の概要

2017(平成29)年度介護報酬改定において介護職員処遇改善加算は、これまでの仕組みは維持しつつ、事業者による、昇給と結びついた形でのキャリアアップの仕組みの構築について、手厚く評価を行うための区分が新設されました。

介護職員処遇改善加算に関する基本的考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について(平成30年3月22日老発0322第2号) (PDF/553.93キロバイト)

さらに今般、2018(平成30)年度介護報酬改定に関する審議報告(社会保障審議会介護給付費分科会)において、一定の経過措置期間後に『加算区分IV、V』を廃止する報告がなされたところです。また、2019年10月の消費税率引き上げに伴い、『加算区分I、II、III』を取得している事業所を対象に「更なる処遇改善」を行うことが検討されています。今後、国からの追加情報等により様式等の変更を行う場合は、本ホームページにて案内しますのでご確認ください。

2019年度介護職員処遇改善加算に関する審議報告(2018年12月26日社会保障審議会介護給付費分科会) (PDF/223.62キロバイト)

新しい経済政策パッケージに基づく介護職員の更なる処遇改善 (PDF/396.73キロバイト)

(2)介護職員処遇改善加算の単位数

介護職員処遇改善加算を算定する事業者に支払われる加算の単位数は、介護報酬総単位数にサービス別キャリアパス要件等の適合状況に応じた加算率を乗じて得た額とされています。
なお、当該加算は、区分支給限度基準額の算定対象から除外されます。

介護職員処遇改善加算の単位数=介護報酬総単位数 × サービス別加算率(キャリアパス要件等の適合状況ごとに定める率)

(3)算定要件

加算I

キャリアパス要件(1及び2及び3)及び、職場環境等要件を満たす事業者

加算II

キャリアパス要件(1及び2)及び、職場環境等要件を満たす事業者

加算III

キャリアパス要件(1又は2)及び、職場環境等要件を満たす事業者

加算IV

キャリアパス要件(1又は2)又は、職場環境等要件を満たす事業者

加算V

キャリアパス要件(1又は2)、職場環境等要件をいずれも満たしていない事業者

 キャリアパス要件及び職場環境等要件

 介護職員処遇改善加算の算定に当たっては、下記の資料を確認してください。

処遇改善加算に関する厚生労働省の事務連絡

(4)届出について

届出が必要なのは、2019(平成31)年度に処遇改善加算を算定する全ての事業者となっております。

※2018(平成30)年度に当該加算を算定している事業者であっても、必ず届出が必要です。

(5)届出書類

<2018(平成30)年度から引き続き算定する事業者が届け出る書類>

○加算Iを算定する場合

・届出書類の (a) から (e)、(h)

・キャリアパス要件1及び要件3を確認するための就業規則等に関しては、キャリアパス要件を満たすことを示す部分について、付箋またはマーカー等で分かるようにしてください。ただし、2018(平成30)年度に提出済みのものと内容に変更がない場合は提出不要です。

・キャリアパス要件2を確認するための資料(資質向上のための計画等)キャリアパス要件2のうち計画書で(5)イのみを選択した場合は提出の必要はありません。

○加算IIを算定する場合

・届出書類の (a) から (e)、(h)

・キャリアパス要件1を確認するための就業規則等に関しては、キャリアパス要件を満たすことを示す部分について、付箋またはマーカー等で分かるようにしてください。ただし、2018(平成30)年度以前に提出済みのものと内容に変更がない場合の必要はありません。

・キャリアパス要件2を確認するための資料(資質向上のための計画等)キャリアパス要件2のうち計画書で(5)イのみを選択した場合は提出の必要はありません。

○加算III、加算IV、加算Vを算定する場合

・届出書類の (a) から (e)、(h)

ただし、(d) の就業規則については、2018(平成30)年度以前に提出済みのものと内容に変更がなければ提出の必要はありません。

・加算III、加算IVについては、必要に応じて選択したキャリアパス要件を満たすことを示す書類(キャリアパス要件1であれば就業規則等、要件2であれば資質向上のための計画等が必要)を提出してください。

<2019(平成31)年度より新たに算定する事業者>

○加算I、IIを算定する場合

・届出書類の (a) から (e)、(h)

・キャリアパス要件1及び要件3(加算IIの場合は要件1又は要件3)を確認するための就業規則等に関しては、キャリアパス要件を満たすことを示す部分について、付箋またはマーカー等で分かるようにしてください。

・キャリアパス要件2を確認するための資料(資質向上のための計画等)キャリアパス要件2のうち計画書で(5)イのみを選択した場合は提出の必要はありません。

○加算III、加算IV、加算Vを算定する場合

・届出書類の (a) から (e)、(h) 

・加算III、加算IVについては、必要に応じて選択したキャリアパス要件を満たすことを示す書類(キャリアパス要件1,要件3であれば就業規則等、要件2であれば資質向上のための計画等が必要)を提出してください。

<2019(平成31)年度途中より加算を算定する場合>

当該事業所のうち日向市を指定権者とする事業所につきましては、加算の算定を受けようとする月の前々月末日までに、上記<2019(平成31)年度より新たに算定する事業者>を参考に提出してください。

ただし、2019(平成31)年度の当該加算について、既に複数事業所を一括して届け出ている事業者で、その他の事業所について新規に加算を算定する場合にあっては、変更届を提出することになります。

<届出内容に変更が生じた場合>

介護職員処遇改善加算の計画書の内容や、就業規則等に変更が生じた場合は変更届(様式は上記(2)届出様式 (f) )の提出が必要となりますので、変更届を確認のうえ提出してください。

<介護職員への周知に関して>

介護職員処遇改善加算は、届け出る内容を含めた賃金改善に関する計画を、全ての介護職員に周知することが求められます。全ての介護職員への周知が実施されているかを確認するため、介護職員処遇改善計画書の周知証明書(届出様式h)及び周知したことの証明となる添付書類の提出をお願いします。

<総合事業に関して>

 介護給付と総合事業を一体的に提供している場合、介護職員処遇改善計画書等を別々に作成する必要はありません。上記記載例(b)(c)を参考に作成してご提出ください。

(6)介護給付費算定に係る体制等に関する届出書(加算の届け)の提出に関して

○提出が必要なケース:2018(平成30)年度と算定要件の異なる加算を算定する場合

(例)

・2018(平成30)年度に加算IIを算定していて、2019(平成31)年度より加算Iを算定する場合

・2018(平成30)年度に加算IIを算定していて、2019(平成31)年度より加算IIIを算定する場合

・現在は介護職員処遇改善加算を取得しておらず、2019(平成31)年度より新たに加算を取得する場合

・現在は介護職員処遇改善加算を算定しているが、2019(平成31)年度より算定をやめる場合

○提出が不要なケース:2018(平成30)年度と算定要件の同じ加算を取得する場合

(例)

・2018(平成30)年度に加算Iを算定していて、2019(平成31)年度も加算Iを算定する場合

・2018(平成30)年度に加算IIを算定していて、2019(平成31)年度も加算IIを算定する場合 

(7)提出期限

提出期限:2019(平成31)年2月28日(木曜日)

※提出期限を過ぎた場合、2019年5月以降からの算定となりますのでご注意ください。

(8)届出先

日向市 高齢者あんしん課介護認定係

担当課 健康福祉部 高齢者あんしん課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1022(直通:地域ケア推進係・地域医療推進係・高齢者支援係)
0982-66-1023(直通:介護給付係・介護認定係)
FAX 0982-56-1423
メール kourei@hyugacity.jp