文字の大きさ

ホームくらし・手続きごみ・環境・衛生「環境」 > 開発行為についての制限と届け出る時の書類
ホームくらし・手続きごみ・環境・衛生「土地・都市開発」 > 開発行為についての制限と届け出る時の書類
ホームくらし・手続きごみ・環境・衛生「環境関係」 > 開発行為についての制限と届け出る時の書類
ホームくらし・手続きごみ・環境・衛生「環境・リサイクル」 > 開発行為についての制限と届け出る時の書類

ごみ・環境・衛生

環境

更新日:2019年5月10日

開発行為についての制限と届け出る時の書類

 自然環境の保全を図るために、自然景観及び緑地並びに水源確保に必要な山林の確保に影響を及ぼすおそれのある地域において、2,000平方メートル以上の土地の区画形質の変更を伴う開発行為をしようとする者は、文化財保護法、森林法、自然公園法、自然環境保全法、都市計画法等に該当しないものについては、あらかじめ市長へ届出をしなければなりません。

(「日向市の環境と自然を守る条例」第27条「日向市の環境と自然を守る条例施行規則第13条及び第14条」)

 

届出様式(№11)はこちら

 土地開発行為届出書 (Word/36キロバイト)

担当課 市民環境部 環境政策課
所在地 〒883-0034 宮崎県日向市大字富高2203番地1
電話 0982-53-2256
FAX 0982-53-9260
メール kankyo@hyugacity.jp