文字の大きさ

ホームくらし・手続き届出・証明「住民票・住所の変更」 > 公的個人認証サービス(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)

届出・証明

住民票・住所の変更

更新日:2016年12月21日

公的個人認証サービス(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)

公的個人認証サービス(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)とは

 様々な行政手続がインターネットを通じてできるようになります。この際、利用者の方が安心してインターネットを通じた行政手続を行うためには、他人によるなりすまし申請が行われていないことや、利用者からインターネットを通じて送信される電子データが途中で改ざんされていないことを行政機関が確認する機能が必要になります。
 公的個人認証サービス(署名用電子証明書)とは、利用者の方が使用する電子証明書を交付し、他人によるなりすまし申請や通信途中での改ざんなどを防ぐための機能を、全国どこに住んでいる人に対しても、安い費用で提供するものです。

公的個人認証サービスの利用方法

マイナンバーカードの入手
  • まず、公的個人認証サービスを利用するためには、電子証明書を格納するためのICカード(マイナンバーカード)を入手していただく必要があります。
  • マイナンバーカードについてはこちらをご覧ください
電子証明書の発行申請
  • 窓口で職員の案内に従い、電子証明書の発行を受けてください。暗証番号を設定していただきます。
オンライン申請・届出等
  • 電子証明書の提供を受けた方は、ご自宅などからインターネットを使って行政機関等に対して申請をすることができます。この際、行政機関への申請書等とともに電子署名と電子証明書を送るため住民基本台帳カードを利用しますが、そのためには、ICカード読み取り装置(ICカードリーダ・ライター)が必要になります。電子証明書発行時に適合性を検証したICカードリーダ・ライター一覧を配布していますので、そちらを参考に購入されてください。また以下にリンクしてあるサイトをご参考ください。
  • 公的個人認証サービス対応ICカードリーダ・ライター普及促進協議会
電子証明書の利用に関するご案内

以下にリンクしてあるサイトをご参考ください。

公的個人認証サービス電子証明書の有効期間満了・更新について

公的個人認証サービスの電子証明書の有効期間は、発行の日から起算して5回目の誕生日までとなっています。

住基カードをお持ちの方は、発行日から起算して3年間です。有効期間まではご利用可能ですが、住基カードの更新は平成27年12月に終了しましたので、マイナンバーカードの取得をお願いします。

今後、所得税の確定申告など電子申請・申告等を利用する機会が多くなると予想されますが、有効期間が過ぎますと、国や地方公共団体への電子申請・申告等が利用できなくなります。

有効期間満了間近の利用者で、更新を希望される方は、日向市役所市民課4番窓口にて更新手続をお願いします。

なお、万一、現在の電子証明書が失効した後でも、新しい電子証明書の発行を受けることができます。

有効期間の確認方法
  • カードの券面、電子証明書の写し、公的個人認証サービス利用者クライアントソフトの「証明書表示ツール」等により確認してください。
更新手続の際、ご持参いただくもの
  • 更新する電子証明書が格納されたマイナンバーカード
  • 発行手数料:電子証明書のみ更新の場合は無料。マイナンバーカードと同時に更新の場合は200円。(別途、カード更新手数料800円がかかります。詳しくは、お問い合わせください。)

 

担当課 市民環境部 市民課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-66-1018(直通)
FAX 0982-53-1131
メール shimin@hyugacity.jp