文字の大きさ

ホーム子育て・教育子育て・教育「妊娠・出産」 > 出産に関する助成制度(出産育児一時金)
ホーム子育て・教育子育て・教育「国民健康保険」 > 出産に関する助成制度(出産育児一時金)
ホーム子育て・教育子育て・教育「妊娠・出産」 > 出産に関する助成制度(出産育児一時金)

子育て・教育

妊娠・出産

更新日:2018年8月28日

出産に関する助成制度(出産育児一時金)

  出産すると、母親が加入している健康保険から“出産育児一時金"が支給されます。

  ご加入されている健康保険組合等にお問い合わせください。

国民健康保険  ⇒ 市区町村担当窓口

共済・社会保険 ⇒ 勤務先

※1年以上継続して会社に勤務していた方で、退職後6か月以内に出産した場合には健康保険から出産育児一時金が支給されますので事前に事業所へご確認ください。

日向市国民健康保険に加入している方へ

  日向市は、日向市の国民健康保険の運営者にあたるので、日向市国民健康保険に加入されている方は、下記の窓口にて出産育児一時金の申請を受付けています。ただし、保険料の滞納などがないこと等の支給条件があります。

※母親が日向市国民健康保険に加入されている場合は、出生届提出時にあわせて下記窓口で出産育児一時金の手続きを行います。

日向市国民健康保険に加入している方の手続き・申請先
申請窓口 本庁1階 国民健康保険課4番窓口
申 請 者 世帯主(代理人申請の場合には委任状が必要になります。)
申請期日 出産日の翌日から2年以内
申請要件 妊娠12週以後の出産の場合(死産、流産含む)
必要なもの 印鑑(認め)、世帯主の預金通帳(振込を希望する場合)
妊娠12週以降の死産あるいは流産の場合は、医師の証明書
担当課 市民環境部 国民健康保険課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-66-1017(直通)
FAX 0982-54-0469
メール kokuho@hyugacity.jp