海・山・人がつながり 笑顔で暮らせる元気なまち 日向市

文字の大きさ

ホームくらし・手続き届出・証明「住民票・住所の変更」 > 住所変更(転入・転出・転居)、世帯変更の手続き
ホームくらし・手続き届出・証明「引っ越し」 > 住所変更(転入・転出・転居)、世帯変更の手続き

届出・証明

住民票・住所の変更

更新日:2017年3月30日

住所変更(転入・転出・転居)、世帯変更の手続き

住民異動の届出

届出(申請)の種類

届出(申請)ができる方

届出期間

届出(申請)に必要なもの

転 入 届

(日向市に転入したとき)

 

本人または同じ世帯の人

 

(注:世帯の違う代理人が来る場合は、委任状が必要です)

 

※窓口に来た人の本人確認をさせていただきます運転免許証、 保険証などの本人確認のできるものをご持参ください。

 

転入後

14日以内

◇前住所地の転出証明書

◇住民基本台帳カード、通知カード、マイナンバーカード(持っている人のみ)

転 出 届

(日向市から転出したとき)

転出する

14日前から

転出後

14日以内

◇国民健康保険証、介護保険証、後期高齢者医療被保険者証等(加入者のみ)

◇印鑑登録証(登録者のみ)
◇住民基本台帳カード、マイナンバーカード(持っている人のみ)

転 居 届

(市内で住所を変更したとき)

転居後

14日以内

◇国民健康保険証、介護保険証、後期高齢者医療被保険者証等(加入者のみ)

◇住民基本台帳カード、通知カード、マイナンバーカード(持っている人のみ)

 世帯変更届

(世帯合併、世帯分離、世帯間異動、世帯主変更)

 14日以内

◇国民健康保険証、介護保険証、後期高齢者医療被保険者証等(加入者のみ)

  • 届出は代理人でもできますが、その場合は異動する本人からの委任状(委任者の印鑑が押印されたもの)が必要です。
  • 転出届は郵送でも届出できます こちら(ホーム>くらし手続き>住民票の写し等郵送請求書) から転出証明依頼書をダウンロードして、記入していただき、日向市役所市民課宛に送付して下さい。
     その際、返信用の封筒届出人の身分を証明できるもののコピーを同封して下さい(転出証明書の交付を受けない方は返信用封筒は不要です)。

転入・転出をする方へ

  • 新しい住所に住み始めた日から14日以内に新住所地の市町村役場に転入届をして下さい

  • 正当な理由がなく届出をしない場合は、住民基本台帳法第53条第2項の規定により、5万円以下の過料に処せられることがありますのでご注意下さい。

  • 転入届には次のものが必要です。

  1. 転出証明書 (※ 転出証明書の交付を受けない方は不要です)
  2. 印鑑
  3. 届出人の身分を証明できるもの(運転免許証・パスポート等)
  4. 下記に該当する方はそれぞれの手続きに必要なもの
対象となる方 旧住所地での手続き 新住所地での手続き
 印鑑登録をしている方

 印鑑登録証をお返し下さい。転出(予定)年月日をもって登録がなくなります。

 改めて印鑑登録の手続きをして下さい。

 住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードをお持ちの方

 

 カードをお持ちの上、手続きをして下さい。

 住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードをお持ちのうえ、住所変更の手続きをしてください。

 電子証明書をお持ちの方  日向市でのお手続きはありません。  

 改めて、電子証明書の申請をしてください。

 外国人住民の方 在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証明書のいずれかをお持ちの上、手続きをしてください。
 国民年金に加入している方  旧住所地での手続きはありません。

 年金手帳をお持ちの上、住所変更の手続きをして下さい。

 公的年金、国民年金を受給している方

 旧住所地での手続きはありません。

 年金証書と印鑑をお持ちの上、住所変更の手続きをして下さい。

 国民健康保険に加入している方  

 国民健康保険証をお返し下さい。70歳以上の方は高齢受給者証もお返し下さい。転出(予定)年月日をもって資格がなくなります。学生の方は手続きしていただければ、そのままお使いになれます。

 改めて、保険加入の手続きをして下さい。すでに加入している世帯に転入する場合は、その世帯の国民健康保険証をお持ちになって下さい。

 後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方

 

 後期高齢者医療被保険者証をお返し下さい。

 印鑑と負担区分等証明書をお持ちの上、手続きをして下さい。

 身体障害者手帳、又は療育手帳をお持ちの方

 手帳をお持ちの上、手続きをして下さい。

 印鑑と手帳をお持ちの上、手続きをして下さい。

 重度心身障害者医療費受給資格者証をお持ちの方

 資格者証をお返し下さい。  

 新住所地での市区町村役場にお問い合わせ下さい。

 精神障害者保険福祉手帳をお持ちの方

 旧住所地での手続きはありません。

 印鑑と手帳をお持ちの上、手続きをして下さい。

 介護保険被保険者証をお持ちの方  介護保険被保険者証をお返し下さい。  改めて、手続きをして下さい。

 介護保険の要介護認定の申請中、又は認定を受けている方

 介護保険受給資格証明書をお受け取り下さい。

 介護保険受給資格証明書をお持ちになって手続きをして下さい。

 母子健康手帳をお持ちの方  母子健康手帳の別冊をお返し下さい。

 母子健康手帳をお持ちの上、手続きをして下さい

 児童手当を受けている方  

 消滅の手続きをして、児童手当用所得証明書をお取り下さい。

 所得証明書、保険証、銀行通帳、印鑑をお持ちの上、手続きをして下さい。

 児童扶養手当を受けている方  消滅の手続きをして下さい。  同上

 乳幼児医療資格証及び母子家庭医療資格証をお持ちの方

 返納の手続きをして下さい。  保険証、印鑑をお持ちの上、手続きをして下さい。
 認可保育所に入所している方  退所届を提出して下さい。  改めて、手続きをして下さい。

 公立小、中学校に在学している児童生徒

 転学通知書を学校へお持ちになって、在学証明書等をお受け取り下さい。

 転入届の後、在学証明書等を転入学する学校にお持ちになって下さい。

 水道を使用している方  水道局で閉栓の手続きをしてください。  水道局で開栓の手続きをして下さい。

その他の注意点

  •  転出証明書をなくされた場合は、それに代わる書類を発行いたします。
    印鑑・届出人の身分を証明できるもの(運転免許証・パスポートなど)をお持ちになって転出証明書を発行した市区町村に届出をしてください。

  •  転出予定日や転入予定地を変更する場合でも、今お持ちになっている転出証明書を、実際にお住まいになる住所地の市区町村役場に提出して、転入届をして下さい。

  •  転出を取り止める場合には必ず、転出証明書・印鑑・届出人の身分を証明できるもの(運転免許証・パスポートなど)をお持ちになって転出取消の届出をして下さい。
    そのままにしておかれますと住民登録がなくなります。ご注意下さい。

  •  転出証明書の交付を受けない場合(特例による転出)は、転入届の際に住基カード・マイナンバーカードを持参してください。住所変更後、暗証番号の入力が必要です。
    詳しくは転入先の市町村にお尋ねください

担当課 市民環境部 市民課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1018(直通)
FAX 0982-54-0469
メール shimin@hyugacity.jp