文字の大きさ

ホームくらし・手続き税金「市税の納付」 > 平成21年10月から市・県民税の公的年金からの特別徴収(差し引き)が始まります

税金

市税の納付

更新日:2017年12月18日

平成21年10月から市・県民税の公的年金からの特別徴収(差し引き)が始まります

 これまで、公的年金所得にかかる市・県民税は、年4回に分けて口座振替や金融機関の窓口等で納めていただいておりましたが、地方税法の改正により、公的年金から特別徴収(差し引き)されることになります。

 この改正は、納付方法の変更ですので、新たな税負担が発生することはありません。

 

●対象になる方は?

 4月1日現在、老齢基礎年金等の支払を受けている満65歳以上の年金受給者で、前年の年金所得にかかる市・県民税の納税義務のある方。

 該当する方は全員、公的年金から特別徴収されます。(納付方法の選択はできません)

 

 以下のような場合は対象となりません。

・介護保険料が特別徴収(差し引き)されていない場合

・差し引かれる市・県民税額が受け取る年金額より多くなった場合

・遺族年金や障害年金のみの場合

 

●実施時期は?

 平成21年10月支給分の年金より特別徴収(差し引き)されます。

 

●徴収する税額は?

 公的年金所得にかかる市・県民税の所得割・均等割

 

 ただし、次のような場合は特別徴収は中止され、普通徴収(納付書や口座振替で納める方法)により納めていただくようになります。

・日向市外へ転出する場合

・介護保険料の特別徴収(差し引き)が中止された場合

・公的年金所得にかかる市・県民税額が年度途中で変更になった場合

・年金の支払が停止になった場合

 

◎対象になる方には、6月中旬までに「市民税県民税納税通知書」が届きます。

通知書の2枚目に、どの年金からいくらずつ市・県民税が差し引かれるのかを記載しておりますので、ご確認ください。

 

 詳しくは、税務課市民税係(内線2126)までお問い合わせください。

 

(例:市県民税の年税額が平成21・22年度とも6万円の場合)
平成21年度の納め方

  納付書・口座振替で納める
(普通徴収)
年金から差し引き
(特別徴収)
6月 8月 10月 12月 2月
税額 1万5千円 1万5千円 1万円 1万円 1万円
算出方法 4分の1 4分の1 6分の1 6分の1 6分の1

「6月と8月」は年税額の4分の1ずつをこれまでどおり納付書で納付します。

「10月・12月・2月」は年税額の6分の1ずつを特別徴収します。

平成22年度の納め方

  年金から差し引き
(特別徴収)
4月 6月 8月 10月 12月 2月
税額 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円 1万円
算出方法 前年度2月と同じ額 22年度の年税額の残り3分の1ずつ

「4月・6月・8月」は、前年度の2月の税額と同額を差し引きます。

「10月・12月・2月」は、平成22年度の年税額から「4月・6月・8月」の税額を差し引いた残りの税額を年金から特別徴収します。

担当課 市民環境部 税務課
所在地 〒883-8555 宮崎県日向市本町10番5号
電話 0982-52-2111(代表)
0982-66-1015(直通:債権管理室・管理係・資産税係)
0982-66-1016(直通:市民税係・市税収納係)
FAX 0982-54-0469
メール zeimu@hyugacity.jp